【ナンバーズ4攻略法無料公開】当せん数字によろしく!(仮)[第1回]

2017/04/12編集長石川の面白い数字

『ロト・ナンバーズ「超」的中法』連載の『当せん数字によろしく!(仮)』がウェブサイトで再掲載! 編集長のリアルなロト・ナン生活をご一読あれ。もしかしたら大当たりのヒントが隠されているかもしれません!

読者のみなさん、こんにちは! 編集長の石川です。自身も大のロト・ナンファンであります。今回、かねて読者のみなさんからの強い要望だった、私のロト・ナンライフを不定期で紹介していきます。どうぞ、よろしくお願いします。

第1回は、景気よく自身3回目となるナンバーズ4ストレート当せんをテーマにお送りします。

抽せん動画を見ながら興奮に包まれた編集部!

7月9日(木)。いつものように仕事場のパソコンで宝くじドリームステーションのリアルタイム抽せん動画を見ていた。ロト6、ナンバーズ3の抽せんが終わったところで、当たりはなし。内心、「今日もハズ……」と言いかけ、その続きをシャットアウトした。――こんな弱気じゃ、当たりを引き寄せることはできない。そう思ったからだ。

そして、ナンバーズ4の抽せんが始まった。勢いよく回る風車盤に次々と4本の矢がささる。

 

みずほ行員「1、5、6……」。

 

十の位まで数字が読み上げられる。

と、この瞬間、手元に広げていたナンバーズ4購入券のひとつ「1564」に視線が釘付けになった。

「4来い、4来い、4来い!」わずかコンマ何秒という刹那、そう願った次の瞬間。

 

みずほ行員「4」

 

来たーー!

 

編集部員が、慌ててこちらを見る。が、そこは百戦錬磨の編集部員、即座に私が当てたことを察知した。

編集部員Y「セットですか、ボックスですか?」

違うよ、ストレートとボックス。爆発しそうな気持ちとは裏腹に、極めて冷静に私は振舞った。

編集部員Y「すんごーい♪」

編集部Yの声が社内にこだまする。そして、羨望のまなざしを向ける編集部員たち。

あとは、当せん金。注目はこの1点に向けられた。

 

みずほ行員「ストレートの当せん金額は27万5700円」

 

はっ? 

 

凍りつく編集部。通常、ナンバーズ4のストレートであれば50万円は下らない。考えられるのは、当せん数字が語呂になっているか、もしくは誰かがどこかで予想して、その数字がズバリ出てしまった、ということ。これには心当たりがあったが、今回は触れずに進みたい。

諦めない気持ちがストレート当せんを

当せん金こそ少なかったが、ストレートとボックスを当せんさせた経緯を紹介しよう。

まず当てた数字「1564」、これは約1年ほど前に、当時しょっちゅう見かけていた数字(車のナンバーやら、書類に書かれた数字など)。どうしても気になったので、継続買いしようと決めた数字だった。

ときに、よく見かける数字は、当たるのではないか?という錯覚に陥ったことのある読者も多いはず。もちろん出るときもあるが、たいていは出ないで終わる。ただ、14年ナンバーズをしてきて、度々こういうケースに出くわしていた私は、あることを知っていた。それは、そういう数字は「のちのち出る」ということ。だから継続買いしようと決めたのだ。

このように継続して買う数字はほかにもあるが、継続するには体力(お金)が必要。きちんと買い続けられるか考えてから勝負に挑むことをオススメしたい。重要なのは、買い始めたなら、当てるまで買い続けること。カスリもしない、なんていうのは日常茶飯事。そんなことで買うのを止めて、いざ出たときに後悔してほしくはない!私は、そういう経験を2回ほどしているので、自信を持って言える。

大当たりの前にひとつ違い連発

もうひとつお伝えしたいことが。それは、当せんの予兆。これまで数々の当せん者を取材してきたが、当せんの予兆は人によってあったりなかったり。そんななか、最もポピュラーな予兆とされている

「ひとつ違い」=当せん数字と買った数字がひとつだけ違うもの。

これが続くと、大当たりのサインなのだ。こう断言するのは、今回がそうだったから。

*************************************

6月30日( 火)

     

この日ひとつ違いが発生!ここからひとつ違いの日々が始まる。

 

7月1日(水)

この日もひとつ違いだったが、ここで「当たりが近くにいる!」ととらえる。

 

7月2日(木)

リアルタイムで抽せん動画を見て、十の位まで出たときに「来た!」と確信したが、またもや最後のひとつで外れに。期待していただけに、やや落ち込む。

 

7月3日(金)

今日こそは!という思いで臨んだ3日の抽せん。またもひとつ違い。内心「もういい加減当たって!」だったが、4日もひとつ違いが続いたのだから、これは間違いなく予兆だと自分に言い聞かせる。

 

7月6日(月)

まさかの5日連続ひとつ違い。しかもストレートの……。これには、さすがに当たりを逃したか!?と弱気に。が、開き直って、明日は明日の風が吹くわけだから、と自分に言い聞かせる。

 

7月7日(火)

やや数字を絞って挑んだこの日。奇しくも、これで6日連続のひとつ違い。内心「なんなんだ、これは!」と思いつつも、何が悪いのかあれこれ悩む。しかし、答えは、明日も買うしかない、に落ち着いた。

 

7月8日(水)

もしナンバーズの神さまがいるなら、たまには当ててください!と本気で思った日。それでも、この悔しい気持ちを晴らすには、当てることだ、と思い直し、明日へ向かった。

 

7月9日(木)

第4181回ナンバーズ4「1564」
ストレート+ボックス
計28万7100円ゲット!!

そしてつかんだナンバーズ4ストレート&ボックス。何度外れても、何度ひとつ違いであっても、諦めずに買い続けた結果の勝利!やはり、ひとつ違いは当たりの予兆だったのだ!!

*************************************

実に当せんする7回前から、毎回ひとつ違い。2、3回続いたところで、もう来るだろうと思っても、当たりは易々と来てくれない。ここでグッと我慢!必ず来る、と信じること。結果、7回連続ひとつ違いという、とんでもなく「じれったい思い」をし、大当たりへとたどり着いた。

というわけで、みなさんもひとつ違いがあったときは、「必ず来る」と強く信じましょう!もちろんダメなときのほうが多くても、それでも当たると信じて!!

 

※『月刊誌ロトナンバーズ「超」的中法2015年9月号』掲載

関連記事