【ロト6(ロトシックス)】ロト6キャリーオーバー消化回コラム一部無料公開[第1回]

2017/05/11

毎週月・木曜日はロト6の抽せん日。2月にキャリーオーバー発生時の1等最高賞金額が6億円に引き上げられ、ますます盛り上がっています。

第1172回ロト6は1等該当なしで、244,061,225円のキャリーオーバーが発生! 本日(2017年5月11日・木)抽せんの第1173回ロト6は、この244,061,225円が繰り越されます。

高額当せんが期待できる第1173回ロト6。今回はケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」で連載中の「MATSUDA ロト6キャリー一刀両断」コラムの攻略法と予想数字(軸数字のみ)を大公開! 内容はもちろん第1173回ロト6(2017年5月11日・木 抽せん)の予想です。

 

「MATSUDA ロト6キャリー一刀両断」コラムは「超速ロト・ナンバーズ」にて以下日程で更新。

・木曜キャリーオーバーが発生→土曜夕方ごろ更新

・月曜キャリーオーバーが発生→水曜夕方ごろ更新

第1173回ロト6予想「MATSUDA ロト6キャリー一刀両断」コラム

ようやく落ち着いたのかCOペース!? 4回ぶりのキャリーとなりましたが、前回の予想がまたしても不出来(的中「43」のみ)で…… ホントすみません。

さて、前回の本コラムでは「42」の復活について書きましたが、最近のCO回注目数字としては「24」も挙げられます。最近7回のCO消化回で5回も出現! この数字、昔は「圧倒的に弱いロト6数字」として有名でしたが、その後はかなり挽回し数年前には最下位を脱出。ただ、CO消化回にからっきし弱い数字ではあり続けたのです。そんな数字が活躍する一方、「42」とともにCO回の申し子的存在の「38」は目下絶不調。CO17回不出現は全数字中3番めに長い「ごぶさた」となっています。諸行無常、ですねえ……

さて今回の予想。インターバルとネクスト力をともに満たす数字がほとんど見られず筆者は頭を抱えてしまいました。そんな中からひねり出した軸数字は「09」! 「24」にだいぶ引き離されロト6最下位を行く数字ですが、リアル回INT2COINT6はともに現在めちゃめちゃ強いポイント!  さらにネクスト力も前回『03』の翌回においては有望、ということで最近の傾向(弱い数字が出ますね)から言ってもイケるんじゃないでしょうか!

これまたネクスト力が大したことない「16」ですが、これはリアル回では順目、CO回では逆目にあたる「INT10以上」をともに得意としているところがウリ。

そして「28」、これはINT3の逆目狙いですが、INT10以上(13)3というシークエンスがいいのです! ネクスト力もまずまず。

まあしかし今週の予想は難しゅうございましたが…… こんな時こそ当たっちゃったりするもの、かも知れませんよ!?

第1173回ロト6 予想

軸数字:「09」「16」「28」

※「オススメの買い目」はケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」有料会員様のみご覧いただけます

ケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」のアクセス方法

月額300円(税別)で使い放題!

ロト7・ロト6・ミニロト・ビンゴ5・ナンバーズ3&4が楽しくなる情報満載!
 会員登録をすると、各くじのオリジナル攻略法やあらゆるデータを元にした予想数字など、当たる数字が携帯でいつでも確認できます! 各くじの抽せん結果がメールで届いたり、くじに絡んだゲーム、風水やカバラ占いなど楽しく役立つメニューがいっぱい!
 高額当せんへの近道はケータイサイトにあり!!

スマートフォン【docomo,auスマートフォンで提供中】

こちらからアクセスできます↓↓↓

「超速ロト・ナンバーズ」のTOPページへ

※「超速ロト・ナンバーズ」のTOPページへアクセスしただけで、月額利用料金が発生するわけではございませんのでご安心ください。ご利用になりたい場合は、「超速ロト・ナンバーズ」の「会員登録」ページをご確認ください。

また一部端末ではご利用いただけません。ご了承ください。

携帯電話【docomo,au,softbankの携帯電話で提供中】

こちらからアクセスできます↓↓↓

「超速ロト・ナンバーズ」TOPページへ

※「超速ロト・ナンバーズ」のTOPページへアクセスしただけで、月額利用料金が発生するわけではございませんのでご安心ください。ご利用になりたい場合は、「超速ロト・ナンバーズ」の「会員登録」ページをご確認ください。

また一部端末ではご利用いただけません。ご了承ください。


松田忠(まつだ ただし)

月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』が発売されて以来、本誌で執筆を続けるデータ分析のスペシャリスト。
本誌では、主に「的中研究」、ロト7、ロト6、ミニロトの「2ヵ月サイクル理論」や「今月の数字!」などを担当し、データ分析に直近の流れを加味した予想は読者に大人気。

関連記事