4月号の女神 丘みどりさんインタビュー

2018/02/28

失敗してもいいから取り敢えず1回はチャレンジしてみようと心掛けています!

18年4月号女神丘みどりさん

編集部 昨年、デビュー13年目にして初のNHK紅白歌合戦出場を成し遂げましたね。

 有難うございます。何度も歌手を辞めようかと諦めかけていたなかで叶った、私にとっては大き過ぎる夢で、実現できたのはやっぱりファンの皆さんからの応援につきるなと思いましたね。

編集部 前夜は眠れましたか?

 全然、眠れなかったです。それどころか突然、高熱を出してしまって。お陰様で、熱は直ぐに下がったんですけど。

編集部 本番での心境は?

 すごく緊張している祖母と父の顔が見えたので2人を安心させて、この2分数秒のために13年間頑張ってきたのでしっかり歌わなきゃって思いました。一瞬、歌詞を忘れ掛けましたけど(笑)。

編集部 それは大変でしたね。3月には『鳰におの湖』と『伊那のふる里』の両A面シングルをリリースされますね。

 『鳰~』はスケールの大きな歌に仕上がりました。曲自体は音域の幅がものすごく広くて新たな挑戦でした。

編集部 一方、『伊那の~』は?

 幼馴染みの男女の情感を民謡調に歌い上げた曲になりましたね。

編集部 聴き応えのある歌を期待できそうですね。ところで、普段から運気アップのためにしていることは?

 私、母を2006年に亡くしているんですね。このとき自分にはもうこれ以上の不幸なことは起こらないと確信したんです。それからはずっと母が見守ってくれているんだろうなと思っているので、すごく悲しいことが起きても「これは何か意味があることなんだ」とポジティブに捉えるようにしています。

編集部 宝くじが当たる人ってポジティブ思考の人が多いんですよ。

 母の生前の言葉で「やらずに後悔よりもやって後悔」というのが、私のなかではすごく大きいんです。だから失敗してもいいから取り敢えず1回はチャレンジしてみよう……ということは日頃から心掛けていますね。

編集部 ラッキーカラーは名前が“みどり”……だからやっぱり?

 赤ですね(笑)。紅白で歌った『佐渡の夕笛』を初めて聴いたときに、赤の着物のイメージが湧いたんです。それからはとにかく、赤、赤、赤。私服も全部赤いのばっかり買っていました。

編集部 お母様の遺品とかでお守り代わりに持っているものとかは?

 母のお骨でダイヤを作ったんです。ホントに大切な夢が叶ったときに身に着けようと持っていたので、紅白のときは胸元に入れていましたね。

編集部 では、もし10億円当たったら?

 地元に大きな家を建てる……でも、正直あんまり欲しいものが無いんですよ。だから、大切な人やお世話になった人に日頃の感謝としてちょっとずつ配ろうかな。自分にも、ちょっとは残しておきますけどね(笑)。

■撮影/鷹野政起 ■文/鈴木一俊 ■ヘアメイク・着付け/安藤朝子 ■着物/オフィス パルワ

丘みどりさんの予想ナンバー

ナンバーズ3
423

ナンバーズ4
3310

ミニロト
02 03 05 13 27

ロト6
03 11 19 27 40 42

ロト7
03 11 14 25 26 28 33

ビンゴ5

030714
16FREE24
283436

今月の女神

丘みどり(おか・みどり)

1984年7月26日、兵庫県生まれ。A型。T157cm。5歳から民謡を学び、「コロムビア民謡コンクール(少年少女の部)」などで優勝。2005年に『おけさ渡り鳥』で歌手デビュー。2016 年、事務所とレコード会社を移籍し『霧の川』をリリース。2017年10月に初アルバム『The FirstAlbum~みどりの風~』をリリース。同年11月には初のソロコンサートを開催し
た。新シングル『鳰の湖』/『伊那のふる里』( 両A 面)とDVD『ファーストコンサート~感謝~』が3月7日リリース(キングレコード)。

公式ブログ「丘みどりのみどりはみどり」
http://ameblo.jp/oka-midori/

関連記事