【第16回】車と当たりはゲットできたのか?!

2018/03/28プロレスラー・菊タローの海外宝くじ一本勝負

はい、今月もやって参りました菊タローの海外宝くじ一本勝負!

 

 

出た! また出た! 約450ミリオン!
先週のパワーボールで出ました!

 

よくもワシのジャックポットを! パワーボール買おう! と、したら表示が45ミリオンになってて唖然……スクラッチくじ2枚買って帰ってきました。

そしたらですよ、また前回リセットされたばかりで出た! パワーボールが!

45ミリオンだと嬉しいけど悔しいだろうなあ! ま、充分か、ワハハハ!

僕なら5万ドルでもひっくり返って喜んだあと「ちょっとクルマ屋さん行ってくるわ」って言いますね!

 

そのクルマですが、先月お伝えしたアメリカのクレジットヒストリーの話。

 

作りましたよセキュアクレジットカード!

 

届きましたよ! アメリカで初のクレジットカード!

枠200ドルだけども!

 

なけなしの200ドルを保証金にして、2週間後に届きました。

 

ランチに出るときに届いてたので、そんな話をしながら日本食食べ放題をお腹がパンパンになるまで詰め込み、食後のトークをしながらクレジットスコアを見られるアプリを見たら……

 

あれ? 点数付いてる!!

 

友人曰く500点スタートとの事でしたが、668点?

 

そうか、電気代、家賃、そしてインターネット代をキチンと支払っていたからか。

支払っていても、クレジットカード作らないと点数出ないのね。

 

教えてくれた友人に報告したら、「そりゃグッドクレジットじゃないけど、ローンは組める点数だ!」

 

ランチを終え「お茶しに行く?」と、誘ってくれたマダム達に「いや、私はトヨタに行ってきます!」と、告げてトヨタへ。

 

 

「やあ、いらっしゃい! 今日はどうしたの?」と、入り口で待ち構える販売員に説明。

 

「やっと点数出たからきた!」

 

「あれ? 君は日本人かな?」

 

おお、なんと販売員さん、子供の頃は日本に住んでた日本人! かなり日本語怪しくなりつつあるけども、これはいい兆し!

 

今、トヨタで一番欲しいクルマ、プリウスプライム(日本名プリウスPHV)を試乗させてもらいます。

 

う~ん、やっぱり最新のクルマはいいなあ!

 

最近のクルマは、万が一の事故に対して助けてくれるのが良い!
うっかりミスで追突しそうになったら自動で停まったり。

 

そういう意味でも、年間50000キロ程走った私には、最新のクルマにするのは非常に良い!

 

「いいだろう!? 気に入ったかい!?」販売員さんも既に私に持って帰らせる勢い。

 

そうなんです。アメリカって、クルマ買ったらそのまま乗って帰れるんですよ。

 

私も乗って帰る気満々! 試乗を終えて事務所で手続き。

 

そして、審査の結果は「NO!!」

 

「なんでよ!!??」

 

え? 点数が? ゼロ?

 

いやいや! 見て! この点数!

 

え? それじゃない?

 

そうなんです。アメリカの信用調査機関は3つあり、その中で私が見られるのがTrans UnionとEquifax。

それとは別に、FICOという機関があり、どうもトヨタのディーラーではそちらのポイントを重視するそうで。

いわゆる銀行系ローンですな!

 

難しいな!?

 

でも待てよ? 新車ディーラーはFICOを見る。

 

では、中古車店は?

 

ニヤリ……

 

早速、中古車の検索開始……

 

良さげな奴を発見!

 

ネットで事前審査をしてみる。

 

「アナタは審査に通りました!」

 

お、通るの?

と、思ってたら早速電話が!

 

「審査してくれてありがとうところでいつお店にくるかしら早くこないと在庫がなくなっちゃうわよどこの店舗にいつ何時にくるかしら」

 

超早口で次から次にまくし立ててきます。

 

アメリカ、電話のセールスがとても多い。

 

「あなたのクルマのプロテクションが」とか、頻繁にかかってきます。

 

そして、中古車店から速攻で電話が入り、ペラペラ喋ってくるということは、売りたいってこと。

 

先月のトヨタが審査通ってたら、同じように「いつお店にくるんだい? もうあのクルマは君のモノだよ」って電話がかかってきてたはず。

 

よし、今から行こうじゃないか!

 

色々書類を書き、最終的に銀行の履歴を見せて……え? なに?

 

出ました! 
アメリカの「こいつはオッケーというがこいつはダメ」と言うあるある! そう、この販売員、収入を見てて、Paypal経由や、グッズのカード決済の打ち上げであるSquare経由の収入を「これは収入じゃない」とか言いだした!

 

そして「あなたの平均月収1500ドルだから頭金3500ドル入れて」って言いだした。

 

今時、プロモーターからのギャラはPaypal払い多いのに。説明しても「収入じゃない」の一点張り。こういう人、仕事に向いてないんじゃないかな 。

 

「あ? そうやってちゃんと見てくれないなら、ノーサンキュー」

 

仕方なくお店を後に。

 

 

買い替え作戦は失敗!

アメリカのクレジットファイナンス、難しいね!?

 

なんとか頑張ってクレジットヒストリー作ります!

って決意も新たにした矢先、愛車のリアゲートを開けたら、バキッ!!という音とともにスイッチの付いてるパーツが取れました!!
 菊タローコラム1804画像1    

今リアゲートを開ける際は、下の隙間に指を突っ込んで優しくスイッチを押して開けています……僕、早くスクラッチくじかスロットでえらい事になってクルマ買い換えたいです……

 

ま、コツコツ頭金貯めますわ!

2種類のスクラッチに挑戦

さて、お久しぶりのアメリカのスクラッチくじ!
読者の皆様から好評というお話を編集部からお聞きしました!

 

今回はこちら2種類!

 

「Pure Gold」と 「7」です。

 

どちらも基本は簡単。自分の番号を削り、他のところを削って行って、自分の番号が出てくれば、そこに書いてある値段がもらえると。

 

まずは「Pure Gold」から!

菊タローコラム1804画像2

こちらは列が進むごとに、削れるところが多くなり、3列目で当たると当たり額の3倍、5列目で当たると5倍貰えるシステム。最高額は

 

25万ドルでございます。

 

それそれ~っと……

 

さあ、当たり番号は、「44」「8」「20」「37」「35」

菊タローコラム1804画像3

 

それそれ~っと!

菊タローコラム1804画像4

 

……ありませんね……残念!

 

お気付きですか? 私が当たり額を削っていないのを!

削ってないと、当たった時にドキドキできるからなんです!

まあ、「なんだよ!?」ってのしか体験できてませんけども!

 

 

気を取り直して「7」の方へ。

菊タローコラム1804画像5

なになに? 3×が出たら当たり額の3倍、7×が7倍、7のシンボルが出たら18個全てがが大当たり!?

最大大当たり額は77777ドル。

 

こいつは期待できる!

まずは当たり番号……と。

菊タローコラム1804画像6

「12」「22」「9」「24」「39」

 

それそれ~っ!

菊タローコラム1804画像7

 

 

……………………

 

 

いいとこ見せられなかったなあ……
来月はいいところ見せられたらいいなあ……

来月も夢を買うぞ!

気になる数字

と、言うわけで今月の気になる数字。

「08」 「18」「26」「28」「38」「43」!

※次回は4月28日(土)更新予定です


菊タロー(キクタロー)

1976年11月17日生まれ。大阪府出身。1994年にプロレスラーとしてデビュー。1999年大阪プロレスにて、「えべっさん」として活躍。お笑いプロレスを確立し、大人気のなか、2005年に独立。菊タローへ。多才で、ゲームのコラム執筆やパチンコ動画、アニメの声優もこなす。2016年11月の東京愚連隊興行を最後に無期限のアメリカ遠征を行うと発表。現在は、ラスベガスへ移住し、日本のみならず、海外でも活躍している。

Facebook

Twitter

関連記事