【第10回】亡くなった祖父に対して何もできなかった自分を情けなく感じます

2018/02/10南蔵院・林住職のロトナン駆け込み寺

駆け込み寺サムネ
みなさまのロト・ナンバーズに関するお悩み、日々の生活のお悩みをお聞かせください! そのお悩みに答えてくれるのは、ドリームジャンボ1等前後賞合わせて1億3000万円(平成7年)の当せん者であり、福岡県・南蔵院の林覚乗住職! 毎月ロトナンのお悩み1名、日々のお悩み1名、計2名のお悩みを住職に答えていただきます。(本コーナーの連載は終了しました)

ロトナンのお悩み

質問:

こんにちは、いつも楽しみに拝見しております。少しうれしい当たりがあったので報告させていただきます。

先日インフルエンザにかかりました。その間は買いに行けないので妻に買ってもらいました。普段は5000円近く買うのですが、怒られないように2000円と控えめにして(笑)それで第4843回は妻に感謝の気持ちを込めて「ご苦労(596)」で買ってもらったんですよ。そしたらそれでボックスに当たりました!  11月から当たりに遠ざかってたのでとてもうれしいです。

それで気付いたのですが、普段あまり妻にお礼を言っていなかったなって。これは神さまが病になっても看病してくれ、くじまで買ってきてくれる妻へ感謝しなさいってことかと思いました。

神様ってそういうことを見ておられるんですか。相談になっておらずすみません! うれしかったのでメールしました。本誌のお便り倶楽部にも送ります。

寒い日が続くのでご住職、編集部のみなさん、ご自愛ください(インフル気をつけてくださいね)

(男性:30代)

住職:

感謝の言葉ほど、人を幸福にする言葉はないと思います。夫婦が互いに感謝することを忘れた時、心も荒んでくるのではないでしょうか。

オレがおまえを選んだ、私があなたを選んであげたと思うところに幸福はありません。おまえがオレを選んでくれた、あなたが私を選んでくれたと言えれば、ますます幸運がやってくるでしょう。

神様が見ていようといまいが、あなたのその心が最も大切なものです。

日々のお悩み

質問:

初めて相談させていただきます。

12月に祖父が亡くなりました。3年間入退院を繰り返し、1年前からずっと病院にいました。そして12月に肺炎を悪化させて亡くなりました。満91歳でした。

私は都内にいることもあって、1年に1回しかお見舞いに行くことができませんでした。

行っても、認知症が進み寝たきりになって話しかけても反応がないので、お見舞いも5分で終えていました。看護士さんに言わせると少しうれしそうと言っていましたが、1年に1回しか会わない私にはその変化がわかりませんでした。

肺炎になって危ないと母から連絡があり、その週末は帰ろうかと思った矢先、祖父は亡くなりました。

結局、祖父の死に立ち合えませんでした。90も生きて大往生と言われますが、私は高校卒業後から年に数回しか祖父に会いに行っていませんでした。幼い頃可愛がってもらい、高校大学の入学金まで補助してもらったのに、祖父に感謝の気持ちを伝えることのないまま。

せめてもと思い、棺に祖父が好きだった日本酒をかけてタバコを入れました。今更ながらそれしか出来ない自分が情けなく思います。生きてるうちにもっとしてやれることがあったと思うと本当に情けないです。

もうすぐ四十五日ですが仕事の都合で法事に出ることができません。母も仕事を優先していいといってくれました。

祖父に対してあまりにも何もできていない私。結局法事も出れず、このように思っても祖父は今更とあきれているのではと思ってしまいます…

(女性:30代)

住職:

やり直すことはできませんが、出直しはできます。

昨年、沖縄に講演に行った時、タクシーの運転手さんからあなたと同じような相談を受けました。その運転手さんは、自分のお兄さんが、貧しく上級学校への進学を断念しようとしていた自分たち兄弟のために、中学校卒業後、関東のある企業へ就職して沖縄の自分たちに仕送りを続けてくれたそうです。そのお兄さんのおかげで現在幸福であるのに、がんばってくれたそのお兄さんが数ヶ月前に亡くなられたそうです。突然の死であったために何も礼を言えず、申し訳なく、つらくてたまらないとのお話でした。

「ご住職、どうしたら良いでしょうか」と問われ、私は次のように答えました。

これからあなたのタクシーに乗車された方々を、亡くなられたお兄さんと思って丁寧に感謝を込めて接客されたらいかがですか。あなたたち兄弟のために自分の人生を捧げられたお兄さんに対して、あなたが元気で素晴らしい仕事を続けられるのが一番の供養ですよと言いますと、ありがとうございます、なにか少し気が楽になりましたと答えられました。

法事に出ることだけが供養ではありません。おじいさんが好きだった日本酒とタバコはどんな綺麗な花より素敵な贈り物でしたね。おじいさんに喜んでもらえる人生を歩んでください。

 

【最終回】「努力できることが才能である」>>

<<【第9回】「運」という字は、軍を進めると書く


林覚乗(はやし かくじょう)

高野山真言宗別格本山篠栗四国霊場総本寺南蔵院の第23世住職。全国各地で講演のほか、福祉・ボランティア活動も行っている。平成7年のドリームジャンボ宝くじで1等前後賞合わせて1億3000万円を当せんしているほか、ナンバーズをはじめとする数字選択式宝くじでも当せんを重ねる達人でもある。

高野山真言宗別格本山 篠栗四国総本寺  南蔵院(福岡県)


南蔵院は篠栗新四国霊場の総本寺で、高野山真言宗の別格本山。平成7年に完成した釈迦涅槃像はブロンズ製としては世界一となる全長41メートル、高さ11メートルの大きさを誇り、その体内には、ミャンマー仏教会より贈呈された仏舎利(お釈迦様のお骨)が安置されている。この釈迦涅槃像は「ささぐりのねぼとけさん」と親しまれ、年間130万人を超える参拝者が訪れるという。

 

【住所】〒811-2405 福岡県粕屋郡篠栗町大字篠栗1035
【アクセス】JR篠栗線(福北ゆたか線)「城戸南蔵院前」駅から徒歩3分

関連記事