売り場での買い方

ロト7の購入方法

1口=300円(毎週金曜日抽せん)
ロト7は、数字選択式宝くじが購入できる売り場で、店頭に置いてある下図「申込カード」を記入して買うことができます。

ロト7の購入方法

  1. 7個の数字をマーク!

    このA枠の中にある「01」~「37」の37個の数字から7個を選び、マークします。
    ※ 例では「05」「07」「11」「20」「26」「32」「33」の7個の数字にマークしています。

  2. 数字が決まらない?

    数字が決まらないときに重宝するシステムがクイックピック(通称QP)。
    数字を選ばずに、ここにマークすると売り場の販売機が自動的に数字を7個ランダムに選んでくれます。
    クイックピックにマークする場合は、枠内の数字は一切マークしてはいけません。意外にもこのクイックピックで当せんを果たした人も多いです。

  3. 間違えたら取消を!

    数字を間違えたり、多くマークしてしまったり、取り消したい枠がある場合、取消をマークをしましょう。
    ここで取消をマークした枠は、無効となります。

  4. 違う組合せを買いたいときは?

    違う組合せを買いたいときは、B~E枠にもマークすることができます。
    1枚の申込カードで違う組合せがいっぺんに買えます。

  5. 購入口数を増やしたい!

    各口数とは、予想した組合せの口数のこと。
    マークしない場合は通常1口ですが、これを2~10口まで増やすことができます。
    2口にすれば、購入金額もそれに応じて加算されます。

  6. 継続して購入したい!

    継続回数は、予想した組合せを1回だけでなく、何回か継続して買いたい場合にマークするもの。
    継続回数は2~5回を選ぶことができます。もちろん継続回数を増やした分、購入金額も増えます。

売り場窓口へ記入した申込カードを手渡しロト7を購入したら、下図のような申込カードにマークした数字が印刷された宝くじ券がもらえます。なお、ロト7は1口300円です。
当せんした場合、当せんしたことの証明として、この宝くじ券が必要となりますので、抽せん結果がわかるまで、失くさないように注意しましょう。
また、ロト7は、毎日8:00~20:00まで、数字選択式宝くじ売り場で購入することが出来ます。しかし、ロト7抽せん日(金曜日)の発売は18:30までなので、抽せん日当日に買う場合は、早めに宝くじ売り場へ行って買うことをオススメします。
※売り場によっては、営業時間が異なりますので、詳しくは公式サイトをご確認ください。

あとは、抽せん日を待つだけです。ロト7の抽せんは、毎週金曜日(年末年始を除く)に行われています。

抽せん結果の確認

抽せん後、買ったロト7の券が当たっているかどうか気になるところ。そこで当せん数字の確認方法をいくつかご紹介します。
ご存知の方も多いと思いますが、知られているのは抽せん翌日の各紙朝刊、みずほ銀行公式サイトで確認する方法があります。また売り場で直接調べてもらうこともできます。
ほかにも、当サイト『ロト・ナンバーズ「超」的中法WEB』や、どこよりも早い当せん速報をモットーにした姉妹サイト『超速ロト・ナンバーズ』有料(300円[税別]/月)もあります。

  • ロト・ナンバーズ「超」的中法WEB

    ロト・ナンバーズ「超」的中法WEB

    当サイトでは、抽せん日当日の20時ごろに抽せん結果を更新します。使われたロト7、ロト6のセット球情報もお知らせしてます。
    詳しくはこちら

  • 超速ロト・ナンバーズ

    超速ロト・ナンバーズ

    当サイトの姉妹サイト。有料(300円[税別]/月)ですが、抽せんのわずか15分後の19時には抽せん数字を更新します。
    また登録すれば、メールでも当せん速報をお知らせします。
    詳しくはこちら

  • みずほ銀行公式サイト

    みずほ銀行公式サイト

    みずほ銀行公式サイト(https://www.mizuhobank.co.jp/takarakuji/index.html

当せんした場合

当せんした場合

当せんした場合、当せん金が受け取れますが、1口あたりの当せん金によって少し違いがあります。

● 1口あたり5万円以下の当せんの場合
数字選択式宝くじ売り場で当せん金の受け取りができます。
● 1口あたり5万円を超える場合
最寄りのみずほ銀行本・支店で当せん金の受け取りができます。
●1口あたり50万以上100万以下の当せんの場合
最寄りのみずほ銀行本・支店で本人確認書類(健康保険証・運転免許書等)を持参の上、手続きを行ってください。
● 1口あたり100万超の当せんの場合
最寄りのみずほ銀行本・支店で本人確認書類(健康保険証・運転免許書等)と印鑑を持って、手続きを行ってください。
※受け取りには手続きの都合上、一週間前後かかります。

支払い期間は、抽せん日の翌日から「1年間」です。なお、平成26年度に確定した時効当せん金は161億。
平成25年度販売総額の約1.71%にあたるというから驚き。買った券がもしかしたら高額当せんかもしれません。
当せん番号の確認はお忘れなく!換金されず時効となった当せん金は、発売元である都道府県及び20指定都市へ納められ、公共事業等に使われます。

時効当せん金をなくそう!9月2日は「宝くじの日」

時効当せん金をなくそう!9月2日は「宝くじの日」

9月2日は「宝くじの日」。“く・じ(9・2)”の語呂合わせからきたもので、昭和42年に定められました。
毎年、この日は過去1年間のハズレ券を対象にしたステキな賞品が当たる「宝くじの日 お楽しみ抽せん(宝くじの敗者復活戦)が行われます。
この「宝くじの日 お楽しみ抽せんは宝くじ当せん金の引換もれ防止を、という願いをこめて設けられ、昭和48年から始まった歴史ある行事です。
ロト7、ロト6、ミニロト、ナンバーズ3&4のような数字選択式宝くじは対象外ですが、もしかしたら、ハズレ券だと思っていた券のなかに、未換金の宝くじがあるかもしれません。

※「宝くじの日 お楽しみ抽せんの詳細は毎年8月頃公開予定の公式サイトをご確認ください。