9月号の女神 久本雅美さんインタビュー

2018/07/27

ひとつひとつの仕事を全力で誠実にやっていくことが、その先に繋がると思います。

久本雅美さん

編集部 今回、初主演を務められた映画『イマジネーションゲーム』はネット社会の現代を背景に“女性の幸せ”を問う作品に仕上がっていますね。

久本 私が演じた真紀子は、キャリアウーマンで、男社会で実績を積み上げていくために、仕事に対しても、他人に対しても厳しい女性なんです。そんな彼女がネット社会の中で自分に無いモノをどう埋めていくのか……という部分は台本を読んで面白いと思いましたね。

編集部 役作り的にはいかがでしたか。

久本 畑泰介監督からも「普段の、バラエティで見せる久本さんは出さないで下さい」って言われたので、そこは常に意識していましたね。

編集部 普段見せる、破天荒な久本さんとは違う姿が見られそうですね。話は変わりますが、ロトを購入されたことは?

久本 無いですよ~。でも、CMを見るとホント夢あるな~って思いますね。

編集部 それで買ってみようとは?

久本 これが貧乏性だからそこまでいかないんですよ。「どうせ当たんないし」という考えが先に浮かぶんだよね。

編集部 現実的ですね。

久本 だから、ド~ンって費やす人の話を聞くと「スゲ~腹座っているんだな」って思うよね。もし自分の旦那が働いたお金の半分を注ぎ込んだら首絞めますけど。

編集部 (笑)。普段から運を招くために心掛けていることはありますか?

久本 ひとつひとつの仕事を全力で誠実にやっていくことが、その先に繋がっていくと思います。中途半端にやって後悔するのってすっごく嫌なんですよ。

編集部 なるほど。ところで、賞金額は最高で10億円ですが、もし当たったら?

久本 豪華客船で世界一周! ゴージャスで非日常的な雰囲気がすごく良いんだろうなって思うけど、周りからは「直ぐに飽きるよ」って (笑)。

編集部 それでもまだ余ってますね。

久本 例えば、でっかい家を建てたところで、一人で住んだら孤独すぎて頭がおかしくなっちゃいそうだよね(笑)。

編集部 劇団の後輩のために使う……というのは?

久本 あ、確かに! でも、好きなもん食べさせてやるって言ったところで、せいぜい「麻布のイタメシお願いします」って感じだろうし。もっとも、それ以上言ったら首絞めますけどね(笑)。

編集部 後輩が住めるマンションやシェアハウスを購入する……というのは?

久本 う~ん。どうかな……。やっぱり夢を持って自分の力で成し遂げたという勝利感を味わわせてあげたいって思いますね。とは言え、現実的に言ったら一棟買いだよね。私の老後の面倒を見てもらうためにドーンって一戸建てる、そこにはみんなの共有リビングやキッチン、稽古場があって……というのはありかな。

 

■撮影/鷹野政起 ■文/鈴木一俊 ■ヘアメイク/梅原麻衣子 ■スタイリスト/勝俣淳子
■衣装協力 イヤリング:Ligthts by Yasuko Kondo /プリマクレール・アタッシュプレス 03-3770-1733 ブレスレット:Enchante(アンシャンテ)03-5466-2237

久本雅美さんの予想ナンバー

ナンバーズ3
824

 

ナンバーズ4
1111

 

ミニロト
05 06 07 09 10

 

ロト6
02 06 15 28 33 40

 

ロト7
01 02 05 09 13 28 37

 

ビンゴ5

030714
19FREE21
263438

今月の女神

久本雅美(ひさもと・まさみ)

1958年7月9日、大阪府生まれ。1981年、東京ヴォードヴィルショーに入団。1984年に同劇団の柴田理恵らと「WAHAHA本舗」の立ち上げに参加。以降、舞台のみならず、多くのテレビドラマ出演、バラエティ番組での司会やレギュラーを務める。生誕60周年記念公演「マチャミの婚前披露宴~還暦すぎてもヨロちくび~!」が9月22日より大阪・森ノ宮ピロティホールを皮切りに全国5都市で公演が決定。

映画『イマジネーションゲーム』は7月28日より、東京、シネ・リーブル池袋ほかにて全国ロードショー。

オフィシャルサイト:http://imaginationgame.jp/

※外部サイトへ移動します

 

配給:プレシディオ
(C)「イマジネーションゲーム」製作委員会

関連記事