2019年9月号の女神 大幡しえりさんインタビュー

2019/07/29表紙の人インタビュー

進路で悩んでいた時期にスカウトされて芸能界に入ったので運は良いと思います

大幡しえりさん

編集部 予想ナンバーの数字をあっという間に書いていましたね。

大幡 パッと浮かんだ数字を書き並べました。深く考え出したら一生悩むので(笑)、私は直感型だと思います。

編集部 実際、ロトに興味あります?

大幡 大当たりが出た宝くじ売り場に人がすごく並んでいるのを見ますけど、私は当たらない気がしてしまって(笑)。

編集部 打ち上げのゲーム大会とかで何か当たったりはしませんか?

大幡 『仮面ライダー』の冬映画のジャンケン大会で旅行券をもらいました。でも放置して、まだ使ってません(笑)。

編集部 意外と運が良いほうかも?

大幡 どちらかと言うと良いと思います。この世界にはスカウトされて入ったんですけど、ちょうど高3で進路に悩んでいた時期に、大学のオープンキャンパスに行った帰りに原宿で声を掛けていただきました。

編集部 芸能界に興味はあった?

大幡 雑誌でモデルさんを見て「カッコイイな」とは思ってはいましたが、自分がやる意識はありませんでした。以前はスカウトされても、連絡先を教えなかったんです。でも、その時は、ピンときて、連絡先を教えて、後に連絡をもらって、「あっ、今かな」としっくりきました。

編集部 そして現在は、『仮面ライダージオウ』にヒロインのツクヨミ役で出演中。50年後の未来から来たクールな美少女ぶりがハマっています。

大幡 私自身とはあまり似てないと思います(笑)。私は結構ワーッとはしゃいでしまうほうで、声も大きいとよく言われるので。ツクヨミのときは落ち着いて声をお腹から出すようにしたり、切り替えている部分があります。

編集部 公開中の劇場版では戦国時代にタイムトリップします。

大幡 ツクヨミはいつも白い衣装だから、色味がある着物で笠をかぶったのはテンション上がりました(笑)。アクションでは脚が動かし辛かったけど、笠で忍者をパパッといなしたり、いつもと違う感じで楽しかったです。

編集部 TVシリーズも大詰めに。

大幡 1年間ツクヨミを演じてきて、もうできなくなると思うと寂しいです。最終回の台本をもらっても実感が湧かなくて、あと1話くらいある気がしちゃいました(笑)。終盤には「エーッ!?」と驚く展開もあります。

編集部 では最後に、もしロトをやって10億円当たったら、どうします?

大幡 都内に一軒家が欲しいです。仕事で便利なのと、寂しがり屋だから家族と一緒に住みたくて(笑)。でも、物欲はないほうです。「何が欲しい?」と聞かれると、いつも困ってしまうので。

編集部 おいしいものとかは?

大幡 ごはんにはちょっと欲があります(笑)。そこまで高級でなくても、焼肉が大好きなので、おいしいお肉と白米で満ち足りちゃいますね(笑)。

■撮影/鷹野政起 ■文/斉藤貴志

今月の女神

大幡しえり(おおはた・しえり)

1998年11月5日、埼玉県生まれ、B型。2017年に映画『ひるなかの流星』でデビュー。ドラマ『女囚セブン』、『監獄のお姫さま』、『ヒモメン』などに出演。『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)にヒロインのツクヨミ役で出演中。『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』が公開中。

関連記事