【第19回】億当たったらカジノへ行くってのはどうでしょう?

2018/06/28プロレスラー・菊タローの海外宝くじ一本勝負

今月もこの時間がやって参りました。毎月あっという間です! 歳取ったなあ…

ラスベガスは連日40度オーバー! 外に出かけて車を停めて戻ってくると、車内がえらいことになっています。

シートベルトの金具で火傷するレベルです。

それはさておき、パワーボールですよね!

現在のジャックポットは50ミリオン。一括で貰う場合は、30ミリオンです。40%取られるのね!?

とはいえ、パワーボールにしては大したことない金額です。
やっぱり300ミリオンオーバーですよね!!

この額になると、カリフォルニアとの州境にある宝くじ屋さんへ、ラスベガスの宝くじファンが詰めかけ、列がお店の周りを3周します。

こういうときにジャックポットが出てリセットされるってのもありますけども!

夢のあるリッチなホテルのお値段は?

さて、今月の話題はスクラッチくじでなく、世界のホテルの部屋の話題を。

先日、日本から、ある方がやって来ました。

空港にはリムジンが待機。「お帰りなさいミスター」

宿泊者を乗せてリムジンは出発。

到着したのは、噴水が有名な、映画オーシャンズ11の舞台にもなった、ベラージオ。

海外宝くじ一本勝負180701

ホテルの専用入口へ。

トンネルに入っていきます。

クルマを降り、専用エレベーターで部屋へ。

海外宝くじ一本勝負180702

と、言っても、3階。40階建て近いホテルなのに?

そう、3階にあるのです!

カードキーで認証しないとエレベーターも停まりません。

大きなホテルなのに、その階には8部屋だけ。

海外宝くじ一本勝負180703

長い廊下を抜けて、大きな扉を開けると、ドン! と、現れる廊下と、その向こうに見える巨大なリビング!

 

左右に伸びた廊下の先には、ベッドルームが2つ。お風呂部屋とクローゼット部屋もあります。お風呂部屋だけで、日本の標準的なビジネスホテルのシングルルームの3倍はあろうかという広さ!

 

さらにはキッチンと食堂、ジムとサウナ、マッサージルーム、床屋さんを呼んで切ってもらえる部屋まで!

そして庭にはプールとジャグジー…

海外宝くじ一本勝負180704

どんだけ!!?? どんだけなの!? 一体一泊おいくらですか!?

答えは

 

タダ!!

 

なぜタダなのか!?

そうこの部屋は、めっちゃ高額でギャンブルを楽しんでくれる人、いわゆるハイローラーのお得意様専用なんです。

「お客様! 次はいつ来てくれるの? お部屋タダにするし、リムジンで送迎もしますよ! え? どの部屋? じゃあヴィラ用意しちゃう!」

ってな感じで用意される、高層階のスイートよりも上のランクである、お得意様中のお得意様専用部屋!

そこにアタクシ潜入して来ました!

縁あって知り合った日本の方。

その方が泊まっているのです。

晩御飯に合流し、部屋で乾杯したら、あとはスロット三昧。

アタクシはそれを横で見て、一緒に悔しがったり喜んだり。

スロットマシンを1回ポチッと回すのに必要なお金は大体40~75セント。

この方は、1回500ドル~2500ドル…

そう、目の前で僕の欲しい新車が買える額が吸い込まれていき、新車が買える額が当たっていきます

調子が悪くなってくると、「乾杯しに上いきましょう!」と、小休憩を入れるのが私の役目。部屋のリビングには、一緒に来た方々や、ラスベガスの友人達が待っているので、いつでもリビングはワイワイガヤガヤしています。

気分転換して再度チャレンジ。

もう合計するとワンルームマンションが何部屋か買えるんじゃない? って額が吸い込まれては戻って来ています……1回500ドルで回してるけど、アタクシが「よし、今月は余裕あるからたまにはスロット勝負するぞ!」と、意気込んで行くときに持っていく額って、100ドルくらいですよ! 世界が違う! ワハハハ!

いくら勝とうが負けようが、合計でいくら分回したかが重要だそうで。

だから100ドル握りしめてチマチマと50セントで回して、長く遊べて結果108ドル持って帰ったりしてても、気づけばカジノの会員カードのランクが上がってたりするんですねえ。

この会員カードを作るってのが重要でして、ポイントが貯まればホテルの宿泊代に使えたり、毎月フリープレイのポイントが貰えたり、さらにはホテルの中にあるバフェ、いわゆる食べ放題レストランご招待がもらえたりするのです。

そしてドローイングと言われる、ポイントを参加費としてエントリーして、「2000ドルが当たったのはミスター菊タロー!」なんてことがあったりします。当たったことないですけども!

僕の友人は、先日カジノから夕食に招待されました。

「来てくれたら素敵なプレゼントをします!」

言ったら、1週間のクルーズ旅行を貰い、タダで1週間カリブ海の国々をクルーズして来ました

と、いうわけで、外国に旅行に行き、カジノで遊んでみようかな? と、いうアナタ! 会員カードは作りましょう!

お得意様でなくても、僕みたいに100ドル持ってったけど、増えたり減ったりで、朝まで遊べたわ! なんて人は、普通の部屋に泊まっていても「今回は沢山遊んで頂いたので、宿泊費タダにします! だからまたきてね!」って事もありますぞ!

これが近い韓国やマカオのカジノだと、「次回いつからいつまで来たいと連絡くれたら航空券プレゼントしますし、お部屋の代金もタダです!」ってこともあります。

が、招待してもらってカジノで遊ばないと、2度と呼ばれなくなります。厳しい世界やで!

そんなカジノには、キノというゲームがあります。数字を選んで、当てる所謂ロトと同じゲーム。

なので、このサイトを見ている皆さんも、楽しめると思います。

本当のキノは、3分ごとに次のゲームが行われていくので、1人でのんびり10セントくらいから遊べるビデオキノがオススメ。ボーナスゲームもあったりして、50ドル持っていけば何時間も遊べますよ!

先ほどの日本人ハイローラー氏結局負けましたが、おそらくマシンにつっこんだ金額は、1億円じゃ効かないはずです。負けた額は10万ドルくらい! おそるべし!

朝方、「またやられたよ」と、ボヤきながら帰国の時間がやって来ました。

リムジンのスタッフが荷物を積む為に部屋へ。

専用エレベーターには「LIMO」という階が。降りると、廊下の先に、これまた長い車が待っています。

乗り込むのをラスベガス在住メンバーでお見送り。

「次は取り返すよ!」と、言い残して空港へ向かわれました。

そして私は、チェックアウトまで時間があるので、せっかくだしと、空いてる方の部屋のお風呂に浸かることに!

この部屋に入る機会なんて、一生でこの方が泊まってるときだけなのは間違いなしですし!

お風呂を溜めてザブンと浸かりましたが、あまりの場違い感に1分で浴槽を出て、そっと栓を抜いたのでした場違い! 本当に場違い!

でも、こんな機会に恵まれるのも、ラスベガスにいるからですね!

そのうち一撃100万ドルオーバーの当たりを見られる日が来るといいな!

あとはパワーボールで100ミリオンオーバーを当てたいです。

来月カリフォルニア行ったらまた買おうっと!

ではまた来月!

 

※次回は7月28日(土)更新予定です


菊タロー(キクタロー)

1976年11月17日生まれ。大阪府出身。1994年にプロレスラーとしてデビュー。1999年大阪プロレスにて、「えべっさん」として活躍。お笑いプロレスを確立し、大人気のなか、2005年に独立。菊タローへ。多才で、ゲームのコラム執筆やパチンコ動画、アニメの声優もこなす。2016年11月の東京愚連隊興行を最後に無期限のアメリカ遠征を行うと発表。現在は、ラスベガスへ移住し、日本のみならず、海外でも活躍している。

Facebook

Twitter

関連記事