【第40回】コロナウイルスの影響、アメリカでも

2020/03/28プロレスラー・菊タローの海外宝くじ一本勝負

はい、菊タローちゃんです!始まりました今月の菊タローの海外宝くじ一本勝負。

色々と大変な情勢ですが、とりあえず!とりあえずはいつものアレを見ていきましょう!

メガミリオンズ&パワーボールの近況

まずはパワーボールから!

160ミリオン!先月の倍になってます。税金引かれて122.4ミリオン。この情勢でもアメリカの人達は買ってるな?ムフフ。

そしてメガミリオン。

107ミリオン。税金引かれて83.9ミリオン。先月が60ミリオンでしたから、47ミリオン増えてます。

どちらのくじもジャックポットが出てませんが、いつもよりはジャックポット額がゆるやかに。やはり新型コロナウイルスの影響ですかね……

アメリカでもコロナウイルスの影響が…

さて、今月は、アメリカがどうなっていったのか?こちらをリポートしたいと思います。

先月の原稿を送り、フロリダ州から戻った菊タローちゃん。

3月に入り、スーパーに行った時の事。

違和感を感じたんです。

水が少ない。在庫はあるけど、選択肢が少なくなっています。
でも、その時はトイレットペーパーもありました。

 

こちらもいつもに比べたら選択肢が少なくなっていました。
「トイペはまだ沢山あるからまだ大丈夫だな」
その時は、こんな事になるなんて、想像もしていませんでした……
そうそう、この時、既にマスクも無く、ハンドサニタイザーも少なくなっていました。でも、買わなかったんです。

3月6日、サンディエゴに試合に行きました。
「お前ら~!今日は日本人が来てるぞ~!」「オオオオオオオ!」
バンダナを口に当てるレスラー達!アタクシが登場するとえらい悪者に!
コロナはアジア地域の病気。みたいなイメージ。こんな冗談がショーで通用していたのも懐かしいレベルです。この頃は、アメリカにも感染者はいたけれど、誰も深刻に考えていませんでした……

翌週、アリゾナ州メサで金曜、土曜の連戦でした。というか、その予定でした……
その頃は、4月初めにある連戦や、4月中旬の西海岸3連戦が無くならないだろうと考えていました。甘かった。
メサに試合前日、プロモーターから連絡が来ました。
「明日は来てくれるよね!?」
試合はある!良かった!そして翌日500キロドライブして会場に到着。
この日の昼、メサのタウンオフィスが会議をしました。
下された判断は、「25人以上集まるイベントは中止」
もちろんショーは開催できませんでした。しかし、選手は来ています。
無観客で試合を録画して、配信で売る事にしたプロモーター。
選手の為ですね……翌日の試合はお祭りでの試合。もちろんお祭り自体が中止に。
プロモーターの負担を少しでも少なくする為に、ホテルに泊らずまた500キロを帰って来ました。

州が明けて、どんどん悪化していく情勢。
翌週はサンフランシスコでの試合。もちろん中止に……
4月初旬のフロリダでの試合はどうなってしまうのか?ここが無いと年間で一番忙しい週に仕事が無いという事態になるんだけど……なんて、今思えば甘く考えすぎでした。
結果、4月初旬もキャンセル。日本から多くのレスラー達が来る予定でしたが、みんなキャンセル。「試合無くても行くかな?」なんて言ってた日本人の友人も、宿からキャンセルの連絡。友人も思い直してキャンセル。私も日本人レスラー達とフロリダまで4000キロをドライブする予定でした。

この頃、スーパーでは、水、トイレットペーパーも完全に無くなっていました。

これ以上無い事態になっている中、4月半ばの3連戦も中止の連絡……
そうです。はい。4月の仕事が全て無くなりました!
向こう2カ月間はこの状態との事……
これ……払えるのか?家賃や車のローン、保険等……
毎月ギリギリのアメリカ生活、それが収入の道が絶たれた!
でも、後ろ向きな事ばかり考えていても何も進まないので、「なるようになるさ!」って腹をくくりました。やれる事をやり、もがこうと。

3月17日、アパート内の友人から連絡が。
ラスベガスでも、ホテル、カジノ、レストラン等の休止が義務付けられました。

レストランはテイクアウトのみ。スーパーやガソリンスタンドは開いています。
しかし、日本のトイレットペーパー騒ぎみたいになるんじゃないか?そう思い、発表されている間にスーパーへ行ってみました。

もちろんトイレットペーパー、水、ハンドサニタイザー、消毒液、マスクは影も形も無し。
肉もほぼ無し!とにかく残っている中から、しばらくの食料を購入。
でも、翌日中華系スーパーに行くと、肉が置いている。
どこでも少なくなっている食料は、ラーメン。米はほとんど無し。
野菜は潤沢にあるからみんな好き嫌い激しいなあと、少しずつ購入。

現在、スーパーは24時間営業の所も限定営業。やる事が無くなったラスベガスの住民が、レッドロックキャニオンにハイキングに出かけたり、レイクミードに釣りに出掛けた結果、人が集まるのは良くないと、こちらも閉鎖。みんな家に居るだけとなりました。

スーパーは、購入制限の甲斐あって、買い占めも無く、肉類は買えます。

しかし、仕事が無い。なんとかせねば。でも、アメリカ人、みんな払えなくなったら開き直りそう!アパートからは、警戒してか、「今月分の家賃をちゃんとはらってくれたら、50ドル割り引くよ!」と、メールが来ていました。さあ、来月どうなるか!菊タローちゃんは生き残れるのか?日本に帰っても、同じ状況!私を試合に出してる場合じゃねえええ!
前向きに行きましょう!生き残ろう!教科書に載る様な大惨事の真っ只中にいる今、人類の人口が大幅に減ってしまうかもしれない。負けてたまるか。俺はまだまだ人を楽しませたいし、叶えたい夢もある。だから負けない!あと、宝くじも当てたい!ワハハハ!

前向きに頑張りましょう!来月は良くなったねえと話が書けますように!
みんな、人と会うのは後でできるから。
「オレは大丈夫」はやめよう。命あっての事。みんな気を付けて!

では来月また!生きるぞ!

 

※次回は4月28日(火)更新予定です


菊タロー(キクタロー)

1976年11月17日生まれ。大阪府出身。1994年にプロレスラーとしてデビュー。1999年大阪プロレスにて、「えべっさん」として活躍。お笑いプロレスを確立し、大人気のなか、2005年に独立。菊タローへ。多才で、ゲームのコラム執筆やパチンコ動画、アニメの声優もこなす。2016年11月の東京愚連隊興行を最後に無期限のアメリカ遠征を行うと発表。現在は、ラスベガスへ移住し、日本のみならず、海外でも活躍している。

関連記事