【第51回】コロナ禍!帰国者の隔離生活とは?

2021/02/28プロレスラー・菊タローの海外宝くじ一本勝負

花粉が辛い。4年アメリカで住んでいたから、ビザの更新で帰っている時も花粉が舞う前にはアメリカにいたのに。ああ目が痒いヘックシッ!!くしゃみも出る。

そう、海外宝くじ一本勝負と題しておきながら、今月も日本からです。

メガミリオンズ&パワーボールの近況

まずはお馴染みアメリカのパワーボールの状況からいってみましょう。

おっと!106ミリオンなう!税金取られて75.6ミリオン!先日大きいのが出たのもあって、みんなまた当たるぞってなって買ってるからジャックポットの貯まり方が早くなってる気がします。

対してメガミリオンズは43ミリオン。
税金取られて29.7ミリオン。
同時くらいに当たりが出たのにえらく差が付いちゃいましたね。
こちらはリセットされてから買う人が少なくなったのかな?1月22日に1ビリオン、税金取られて739.6ミリオンというウルトラジャックポットが出ちゃいましたからね。当たったことバレようものなら命を狙われてもおかしくない金額ですよね…恐るべし。

日本に帰って来てロト7を買ってみました。
ワタシは楽天銀行で買っています。
買った後、知らない振り込みがありました。
ロトトウセンキン…
ろととう、せんきん?聞かねえ名前だなあ。そんな友達いたかな?

ん?
ロト?
当せん金?
まさか!?
オレに!?
7億が!?

初めて1000円当たりました。やっぱり!ズコー!

帰国者の隔離生活とは?

さて、前回はファーストクラスにマイルを使って乗った話でしたが、いい思いをした後は、辛いこともやって来るのだ。

今月は帰国者の隔離のお話をしたいと思います。

外国在住、出張の人が帰国した場合、どんな扱いを受けるのか?

そもそも隔離を守らず出歩いて新型コロナウイルスどころか変異した亜種を撒き散らす人間もいたりして、帰国者は肩身の狭い思いをしています。

だから、帰国者もちゃんとしてるぞという所を見せるため、そしてこれから帰国してくる人の参考になればと私はわざと陰性証明を持たずに帰国して来ました。

羽田空港に到着し、長々と歩かされてまず着いたのはゲートのスペースに作られた、書類を確認するスペースとPCR検査所。

何度もチェックされ、陰性証明を持って来ていないことを伝え、強制隔離になることを告げられ、了承し、強制隔離終了後も帰国の翌日を1日目と数えて14日目が終わるまで報告した住所から動かないことを約束するという誓約書にサインをします。

その後、抗原検査を受け、陽性か陰性か、結果を待ちます。

その時、待合場所に飲み物の自動販売機があります。

強制隔離者は、ここが唯一14日目が終わるまで自分で買い物が出来る場所となります。

そこを出たが最後、ホテルに入れられて3泊、そこを出てから14日目まで自分で用意したホテルなり自宅からも出られません。

さて、無事陰性が出て、陰性ですが陰性証明を持って帰って来なかったので、ワタシは強制隔離者となります。入国を済ませ、荷物を取り、税関検査を受けます。

税関「荷物多いですね」

菊タロー「1年帰れなかった間に頼まれ物が沢山に!」

税関「何入ってるんですか?」

菊タロー「このダンボールは全てアクションフィギュアです!」

税関「行ってよし」

みたいな会話を終えてロビーへ……出たら並ばされ、隔離組が全員揃ったら隊列を組んでバスに向かいます。

その際も職員の方が周りにいます。逃げ出した奴いたんだろうなあ。

バスに揺られてホテルに到着。

ホテルは政府が全ての部屋、建物ごとコロナ隔離施設として借り上げています。

数人ずつ降り、受付をしていきます。
ワタシは後ろの方に乗っていたので最後の方で呼ばれました。

ああ、バスの前に見えているコンビニが眩しい…

もちろんコンビニに寄らせて貰えるわけもなく、受付を終えたら荷物を積んで部屋へ。

ここから3泊終えて4日目の朝にPCR検査を受けて陰性となるまで一歩も出られません。

ホテル入り口には職員が立っていて、部屋番号等を聞かれます。そう、隔離者が抜け出そうとしても無理です。

表には警備員の方が5人程いました。大変だなあ。
相当抜け出す奴がいたのでしょう。

そういう人は帰国しないで頂きたい。

夕方17時頃に到着しましたが、部屋に入ったらもう21時前です。

部屋に上がる時、夕食を頂けました。

久々の日本のお弁当、美味しかった!!
1年帰国出来なかった身としては最高でした。

その時友人から連絡が。

「今そっち向かってるから!差し入れするけど何が欲しい?」

ゼロコーラと、ピルクル、カップ麺なんかを頼みました。

友人は吉野家のお弁当なんかを買って来てくれようとしましたが、残念ながら翌朝の渡しとなるので弁当やおにぎりなんかは受け取ってもらえません。

そう、差し入れは翌日午前にならないと部屋に届かないのです。

空港で陰性が出たと言っても、偽陰性の可能性は否定出来ないのです。

だから、強制隔離される3泊4日の間に、考えうる限り職員が隔離者に接触しないよう考えられています。

部屋に着いてお弁当を食べ、浸かれる浴室で久々風呂に浸かり、大満足で眠りにつきました。

翌朝6時半、スピーカーから大音量で「ピーンポーンパーンポーン!」と、チャイムが。何事だ!?

「本日PCR検査をする人は、7時前に検査キット置くから7時15分くらいまでに検査しとけよ!次の放送したらそれをドアの外に置いておくんだぞ!」というニュアンスの放送がありました。

オレ、まだ関係ねえええ!

そして検査の放送がまたあり、8時前にまたチャイムが。

「今から朝メシ配るけど、次の放送あるまで取るなよ!」

そう、配膳する間も職員が隔離者に接触しないための工夫です。

ドアの外には小さな折りたたみ式の台が置いてあり、そこにお弁当や検査キットが置かれます。
ゴミは台の下に置いておくと配膳の際に回収してくれます。

一度覗き穴から配膳する様子を見ましたが、防護服を着て配られていました。

これが1日3回。8時頃、12時頃、18時頃にお弁当が来ます。

ネットを見てると温かい物がいいとか色々書いてありましたが、1年アメリカから帰られなかった身としては、毎食いろいろなお弁当で飽きませんでした。

毎食「んまーい!」と、喜んで完食していましたとさ!

それ以外は部屋で自由時間。

あ、あと毎日健康報告をチャットでしなければいけません。

楽しい監禁タイムはスマホでドラクエ5なんかをしていました。

3泊が終わり4日目の朝、PCR検査をします。
僕はてっきりこんな早い時間に受けるから、陰性だと10時くらいのチェックアウトの時間に出されるのかな?と、思っていましたが、なんと結果が出るのは13時頃。

そして出られるのは16時頃との事。なんならもう一泊して翌日でもいいよ!と。

要するに、政府は強制隔離の帰国者のために4泊させてくれるのです。これ、食事も宿泊もワタシは1円も払っていません。ありがたいことです。

13時頃部屋の電話が鳴り、陰性を告げられ出られることに。いよいよ夕方には監禁部屋ともお別れです。

帰国時、差し入れをしてれただけでなく、このコラムを書いている現在も泊まっているアパートを用意してくれた友人が迎えに来てくれ、アパート隔離がスタート。

この際、公共交通機関やタクシーを使うことは出来ません。

迎えが来ない人やハイヤーを呼ばない人は、羽田空港までバスで送ってもらえますが、そこからレンタカーかハイヤー、もしくは誰かに迎えに来てもらえと。

ちょっとそこはザルだなと思いました。

アパートに向かう途中、コンビニに寄ってもらいました。

あ、もちろんワタシはクルマから一歩も降りず。防犯カメラを確認してもらってもいいはず。いい位置にカメラがあれば、助手席から恨めしそうに店内を見つめるオッサンが映っているはず。

またピルクルとゼロコーラを頼み、友人セレクションでお菓子やお弁当をら買って来てもらいました。

助手席から見つめるコンビニがやっぱり神々しかったなあ。

アパートに着き、部屋に連れて行ってもらいアパート隔離スタート!

朝昼のご飯は友人が差し入れてくれたカップ麺を食べたり、UBER EATSを置き配で頼んだりしていました。

夜は…このアパートは、友人の奥さんの実家の持ち物。そう、その敷地には母屋が建っています。
そこからなんと!晩御飯を差し入れて頂けたのです!

家庭の味!イカス!また美味いんだこれが!

これに助けられました。美味しかったなあ。

玄関が開いてお盆に乗せた晩御飯が届けられた瞬間の嬉しさったらもう最高でした。

毎日午前中に保健所の方から健康確認の電話が来ます。

最終日、保健所の方からも「0時になったら隔離終了です。後少しですよ。お疲れ様でした!」と、言って頂き、何人くらいに電話をされているのか聞いたりしました。前はもっと多かったらしいですが、今は1日50人くらいだそうです。

でも、日曜日も電話をくれたんですよ。休み返上で頑張っている保健所職員の方々には頭の下がる思いです。

午前0時になり、隔離が終わった途端コンビニに連れて行って頂きました。

いや~神々しかった!店内明るいなあ!
自分で商品を見て、選べるって素敵!

 

「自由だああああああああ!」

 

さらにドン・キホーテも行ってきました。楽しかった。

自分は友人家族が総出で協力してくれたから、一切外に出ず乗り切れました。ありがたい事です。友人がいなければ、ホテル代に毎食の宅配でえらい経費かかったことでしょう。本当に感謝しています。この場を借りてお礼を。ありがとうございました!

自由の身になったとはいえ、まだまだ非常事態宣言中。気を抜かず、友人とご飯に行くのもランチ。

夜ご飯に行くとしても開始が17時頃。

「美味いな…」

「でしょう?」

みたいなほとんど会話の無い食事風景。シュール。

いよいよワクチンの接種も始まったし、早くパンデミックに、終わりが来るといいな。

という訳で、この隔離の記録がこれから帰国して来る方々の参考になれば幸いです。

最後に、よくぞこの短期間でこれだけのシステムを作り上げてくれましたと、空港職員の皆様に感謝です。

ワタシは一切不満なく、強制隔離を行えました。

配信していてコメントでも聞かれました。

「コンビニでの買い物をフロントに頼めないんですか?」なんて。

みんながみんな買い物頼んだらどれだけ職員の皆さんが感染リスク増えるかって事を考えたら、3日間弁当と水でガマンするしか無いなと。ワタシは幸いにも友人から差し入れをして頂けたので、お菓子やカップ麺がありましたが。

これから帰国して強制隔離されようかな?なんて方は、ぜひお茶っ葉やお菓子なんかを持って帰ることをオススメします!

では、また来月お会い致しましょう!

来月まで日本からお送りします。

菊タローの今月のおすすめ数字

3月末にアメリカ戻ったら宝くじ買いたいなあ。

パワーボールよ、それまで待っているのだぞ…

11.26.29.33.38.40.48 閃いた数字よ! ロトとかナンバーズに入れてみては!

 

※次回は3月28日(日)更新予定です


菊タロー(キクタロー)

1976年11月17日生まれ。大阪府出身。1994年にプロレスラーとしてデビュー。1999年大阪プロレスにて、「えべっさん」として活躍。お笑いプロレスを確立し、大人気のなか、2005年に独立。菊タローへ。多才で、ゲームのコラム執筆やパチンコ動画、アニメの声優もこなす。2016年11月の東京愚連隊興行を最後に無期限のアメリカ遠征を行うと発表。現在は、ラスベガスへ移住し、日本のみならず、海外でも活躍している。

Twitter
YouTube『菊タローTV Kikutaro TV』

関連記事