【9月】Dr.コパの毎月の開運アクション

2019/09/01Dr.コパの毎月の開運アクション

Dr.コパの毎月の開運アクションTOP

 秋といえばスポーツや読書、芸術や食欲が思い浮かびます。
 スポーツはすることでも応援することでも厄落としになります。汗をかく、声を出すことで厄が落ちるのです。ツキを変えたい人にもってこい。スポーツ道具の置き場所にも風水でおすすめの場所があります。家の中心からみて東側に置きましょう。上達が早いうえに厄落とし度も大。NGは玄関に置きっぱなしの状態。玄関にスポーツ道具があるとそこに住む人の気が集中しないだけでなく、幸運がはいりません。
 ちなみにスポーツくじのtotoは、対戦日や場所、監督、選手の生年月日、ユニフォームの色やデザインなどこまかく分析して勝敗予想をすることもできますが、あなた自身がくじ運、ギャンブル運を高めておくことが大事。北西に白くて丸いものを置き、南にグリーンと赤いもの、玄関の土間は毎日水拭き。財布は内側にほんの少しだけ赤がはいったものがギャンブル向きです。
 読書は、内容がかたい本は寝転がったりしてリラックスしながら、内容がくだけた本は姿勢を正して読むとよく、芸術面でいうと住まいが芸術に対する感覚を育んでくれます。芸術のセンスが磨かれる家は南に窓があり、南からの太陽光がサンサンと入る家や部屋。
南に窓がない、南からの光が入らないなら家や部屋の南側に観葉植物などグリーンのものを一対置きましょう。

 9月24日から10月18日はハロウィンジャンボが発売されます。最近ツイているという人は発売してすぐ24日~26日に購入するとよく、ツキがない人は10月10日や14日~18日のあいだに購入しましょう。西や北西に水まわりや玄関が集中しているとこの時期の宝くじは当たりにくくなります。この方位に水回りがあるなら掃除をして黄色やラベンダー、赤いタオルやグッズを置いてから購入しましょう。

開運アクション

●9日
重陽の節句です。黄色やラベンダー色の菊の花びらを日本酒に浮かべた菊酒をいただきましょう。健康運、金運がアップします。夏バテ気味、夏枯れ気味の人はぜひとも。

●13日
仲秋の名月、お月見の日です。すすきと日本酒、秋の果物、月見団子のお月見飾りを部屋の東南~南側に置いてお月見をしましょう。財布や宝くじ券を月光に当てるのもいいですね。この日に限らず12日から15日の月光に金運、財運、ギャンブル運の力がありますから、この4日間のいずれかの月光にあてましょう。

●15日
朝、梅干しを食べ、「○○をやりたい!買いたい!」「○○円当てたい!」と希望を口に出しましょう。

●16日
敬老の日です。まわりの年輩者と言葉を交わして開運できる日。話しを聞いてあげましょう。よい話しが聞けそうです。プレゼントは革小物や器など。食事は鍋料理がおすすめです。

●20日から26日
秋のお彼岸です。お彼岸中に白や赤、黄色の花を持ってお墓参りに出かけたり、ご先祖様が好きだったものをお供えしましょう。この時期から11月中旬過ぎまでに購入したり、使い始める財布は金運、勝負運によい実り財布です。購入してみては。また、お彼岸中は昼と夜の長さがほぼ同じことから陰陽のバランスがとれています。そのため持っている運がストレートに出やすく、この時期ツキがあるならこの状態が長く続きそう。ツキがない人は運気を変えるためにふだんやらないことをやってみましょう。苦手なものをあえて食べるのもおすすめです。

※次回は10月1日(火)更新予定です


Dr.コパ(どくたー・こぱ)

Dr.コパプロフ

1947年、東京都生まれ。建築家。日本の風水の第一人者として書籍や雑誌、テレビ、ラジオなど幅広いジャンルで活躍中。

関連記事