【12月】Dr.コパの毎月の開運アクション

2019/12/01Dr.コパの毎月の開運アクション

Dr.コパの毎月の開運アクションTOP

 令和初の年末ジャンボ、すでに購入した方も多いでしょう。これまでコツコツ買っている人がこの時期は当たりやすいですよ。
 買ってきた宝くじですが、袋から出して、黄色やラベンダー色の袋に入れたり、この色の布に包んで、暗くて静かな場所に12月31日まで保管しておきましょう。方位でいうなら北や北西、家の中心がオススメです。キッチンや洗面所など水回りに保管するのはNGです。来年は子(ねずみ)年ですが、子はお金を貯えたり、財産を運んできてくれますから、子の置物をすでに用意している方は子の置物の下に宝くじを敷いて保管しておくといいでしょう。

 なにかと忙しい12月。忘れていけないのは大掃除。前回も書いていますから大掃除をすでに終えたかたもいるでしょうが、まだならできるだけ早く大掃除をすることをオススメします。忙しくて家中すべての大掃除に時間が割けないなら玄関と中心、来年の幸運がやってくる北西、東南だけでもきれいにしておきましょう。
 クリスマスには自分にもご褒美を。オススメは財布です。令和元年(来年の節分まで)のうちに令和のお守り財布を用意することですが、この財布はお金の御神体の役目をもち、令和時代のあなたの金運を大きく引き上げ、守ってくれます。財布の内側に「令和 自分の名前」を書いて、神棚などに置いて使わずに保管しておきます。財布の価格は問いませんから、ぜひ自分へのプレゼントに購入して用意してください。

 年末時間に余裕ができたら、2020年に起こったらうれしいことを思い浮かべてみましょう。たとえば宝くじ5000万円当せん、ロトナンバーズで3等当せん、出世して給料○○円アップ、○○に引っ越しをする、ヨーロッパ旅行……などできるだけ具体的にイメージすることです。ウキウキするはずですよ。楽しい気持ちで今年を締めくくり、2020年をスタートさせることが大切です。

開運日&開運アクション

●3日
宝くじ購入がオススメ。新しい革小物、男性、いつもと違う売り場がキーワード。

●7日
節目の日。やり残しがないように冷静に今後のことを考えてみる。宝くじの購入も吉。

●8日
金運アップのアクションが効く日。財布や宝くじの購入やギャンブル、吉。

●9日
男性にツキあり。お寺が吉スポット。宝くじを購入するならお寺の近くにある売り場や寺という文字がついた地名にある売り場で。

●12日
自分へのご褒美の日。少し奮発して贅沢に過ごしてすと良い日。宝くじもいつもより多めの購入。ピザやシーフードを食べる。

●15日
梅干しを3粒食べて「宝くじを当てる!」「○日までにこの仕事の決着をつける」……などと決心しよう。

●18日
財布を購入したり、会食をして運気に刺激を与える日。

●22日
冬至。かぼちゃを食べて、ゆず湯に入る。この日から使い始める財布は「冬至財布」といい、お金が貯まる縁起のよい財布になる。中山競馬場で行われる有馬記念はこの1年の運気試しに買ってみてはいかが?

●24日、25日
イブやクリスマスは自分にも来年のラッキーカラーのグリーンや茶色、ゴールドのものを購入しよう!

●31日
神社に御礼参りに行こう。年越しそばには鶏肉を入れるとよい。

※次回は12月1日(日)更新予定です


Dr.コパ(どくたー・こぱ)

Dr.コパプロフ

1947年、東京都生まれ。建築家。日本の風水の第一人者として書籍や雑誌、テレビ、ラジオなど幅広いジャンルで活躍中。

関連記事