【2月】Dr.コパの毎月の開運アクション

2020/02/01Dr.コパの毎月の開運アクション

Dr.コパ2020年プロフ写真

 今年は先行逃げ切り型の年、やったもの勝ちの運気が漂っていますから、やってみたい、挑戦してみたいと思うことがあるならとにかく早めに取り組むこと。自分がやってみたいこと、行ってみたい場所、購入したいものなど〇〇してみたいことを書き出してみるといいですね。

 寒いですし、インフルエンザも心配。さらに新型肺炎も流行する兆しをみせていますが、過度に恐れて身も心も動かさないでいるとチャンスをつかみ損ねてしまいます。身を動かせないときには心、頭を動かしてこの時期漂うチャンスを逃さないようにしましょう。

 さらに今月は風水行事も多くあります。下の2月の金運&勝負運アップの開運日を参考に生活の中に風水をとりいれることをいつもの月以上に意識してください。

 さて例年はバレンタインジャンボ宝くじの時期ですが、オリンピックイヤーの今年は「東京2020協賛ジャンボ宝くじ」と名前が変わったようですね。このジャンボ宝くじも購入は以下の日にちにがオススメです。スポーツの祭典を記念しての宝くじですから、購入するときにはスポーティーな格好で出かけるといいでしょう。最初が大事という今年の運気を考えると、出入り口となる玄関がキースペース。靴は土間にたくさん置かず、きちんと所定の場所に片付け、土間を広めにして、きれいな玄関を出て宝くじ売り場に向かってください。

開運日&開運アクション

●3日
節分。金運、勝負運アップなら恵方巻より「いなり寿司」です。年齢+8個の豆を半紙に包んだものを用意してそれを枕元に置いてお休みになると財運アップ。この先、1年間大きな当たりが呼び込める運が整います。

●4日
立春。本格的に令和2年の運気が動き始める日。どんなものでもいいので新しいものを用意して使い始めましょう。金運をぐんとアップさせたいなら新しいお財布をこの日から使い始めるといいですよ。

●9日
初午、満月。勝負に勝ちたい!受験合格を願うなら、今年の十二支の子(ネズミ)の置物をデスクの上や枕元に置きましょう。この日もいなり寿司を食べます。

●11日
あなたが手にしたい宝物を神様に願う日。神社仏閣を参拝して、願い事に関するものにお金を使いましょう。

●15日
梅干し(小梅3粒が望ましい)を食べて、今年の計画や目標をつぶやき、決心が鈍らないようにしましょう。

●17日
今日から夢に向かって貯金をしましょう。1日1円でも10円でもいいので毎日貯金をすることがポイント。小銭とともに夢をかなえるための運がたまります。

●23日
天皇誕生日。令和初の天皇誕生日。はじめてのことには新しいパワーがあると考えます。新しい取り組みをしたり、新しいものを使い始めのもいいですね。勝ち癖がつきます。

●25日
勘が冴えわたる日。より勘を高めたい!よいひらめきがほしい!勝負を前に度胸をつけたい!なら、厄落としを。厄がついているとタイミングが悪くなります。自宅には盛り塩をし、お出かけには持ち塩を。

 

※次回は3月1日(日)更新予定です


Dr.コパ(どくたー・こぱ)

ドクターコパさん2020年写真

1947年、東京都生まれ。建築家。日本の風水の第一人者として書籍や雑誌、テレビ、ラジオなど幅広いジャンルで活躍中。

関連記事