【9月】Dr.コパの毎月の開運アクション

2020/09/01Dr.コパの毎月の開運アクション

Dr.コパ2020年プロフ写真

 今年は春からコロナ禍でホームステイ期間が続きましたね。仕事も在宅で、外出も旅行も控えて自宅で過ごす時間がだれもが増えました。問題なのは住まいのパワーをだれもが強く受けている、ということ。広くて、きれいで、新しい住まいならいいのですが、だいたい掃除が行き届いていなかったり、狭かったり、古かったりで、住んでいるだけで運気を落とす家がほどんどです。住まいのパワーは4か月経った頃から強く効き始めますから、今回の自粛による家の作用はちょうどこの9月頃から強く表れ始めます。なんとなくツキがない、やる気がわいてこない…といった不調が表れているならそれは住まいの凶作用のあらわれです。この秋はだれもが運気を落とす秋になりそうです。よほどしっかり運を高めるようなアクションをしないといけません。

 今年のラッキーカラー(グリーン、茶色、ゴールド)やラッキーフード(チキン、根菜類、乳製品)をしっかり取り入れる、玄関や水場に盛り塩をする、持ち塩をする、家の掃除をする、汚れ物をためない、不用品を処分する、運のいい人と付き合う、神社仏閣に参拝に行くなど気合を入れて運気を高めるアクションをしましょう。

 ハロウィンジャンボ宝くじが9月23日から10月20日まで発売されます。この時期の宝くじ運アップには西~北西をきれいに掃除をして丸いものをここに置くこと。買ってきた宝くじや購入するためのお金を10月1日の中秋の名月や2日の満月にかざして満月パワーをいただいてください。

開運日&開運アクション

●2日
今日は満月。財布や宝くじを満月に当てましょう。月光を観るとなにかピンとひらめくことがありそう。

●7日
実りの秋が本格的にスタートします。今までの成果が表れ始めます。急にツキはじめることがあるかもしれません。

●9日
重陽の節句。日本酒に黄色い菊の花びらを数枚浮かべてグイっと飲み干しましょう。ツキがない人は薄紫色の花も一緒に浮かべるといいですよ。

●15日
朝、3粒の小梅を食べて「当てるぞ!」と決心しましょう。

●17日
秋冬の金銭計画、買い物計画、ギャンブル計画を立てましょう。

●19日~25日
22日の秋分の日の前後3日間、計7日間はお彼岸。ご先祖様からパワーをいただけるとき。お墓参りに行きましょう。お彼岸は陰陽のバランスがとれているときですから、実力や運の良し悪しがはっきり出ます。この時期のギャンブルはひねらずに素直にいきましょう。

※次回は10月1日(木)更新予定です


Dr.コパ(どくたー・こぱ)

ドクターコパさん2020年写真

1947年、東京都生まれ。建築家。日本の風水の第一人者として書籍や雑誌、テレビ、ラジオなど幅広いジャンルで活躍中。

関連記事