【ロト6】2019年4月から新セット球に! 最新のセット球について

2019/08/19ロト6のセット球とは

2019年4月からロト6のセット球が新しくなりました。これまでの配色をマイナーチェンジし、より明るく見やすい球になっています。

当サイトでは、新しくなったセット球の配色をご紹介。

抽せんで使用されるセット球って何?

セット球とは、ロト6の抽せんで使用される「01」~「43」の球のこと。
このセット球は、配色を変えた全10種類(Aセット球~Jセット球)が用意されています(配色表参照)。
なぜ10種類ものセット球が必要なのでしょうか?
答えは、ひとつのセット球を使い続けると、ある種の片寄りや出グセが発生してしまう可能性があるから。それを防ぐために、10種類のセット球を用意し、ランダムに使いまわしているのです。
しかし逆説的に見れば、実際にセット球ごとにある種の片寄りや出グセがある、とも取れます。そこに目を付けたのが、セット球攻略です。

そして、そのセット球が2019年4月から新しいものに変更になりました。これまでのセット球の配色で使われていた「緑」「紫」の色が暗く見分けがつきにくいこともあって廃止。代わりに「黄緑」「桃」の明るい2色が新しく加わりました。

ロト6 新セット球配色

ロト6新セット球配色

セット球は、全部で10種類あり、球の色で判別できるようになっています。この表は、そのセット球の配色を示したもの。なお、色は7色あり、数字は7個置きに同じ色になるように設定されています。たとえば、Aセット球では、「01」「08」「15」「22」「29」「36」「43」はすべて赤。Bセット球では、同数字はすべて橙となっています。