数字マニア・松田氏のロト7予想コラム「MATSUDA 超ロト7コラム」の紹介

2018/11/16

第291回ロト7予想(2018年11月16日抽せん)を更新しました

ロト7は、「01」~「37」の37個の数字から7個を選び、抽せん数字の本数字7個(並び順は関係なし)と一致すれば1等となる宝くじです。
ロト7最大の魅力は、宝くじのなかでも最も高額な賞金にあります。1等は最高4億円ですが、キャリーオーバー発生時(1等該当なし時などに次回に繰り越されるシステムのこと)は最高10億円になること。過去のキャリーオーバー最高額は31億8290万5730円!(2018年11月15日時点)

そして、現在(2018年11月15日時点)で1958591280のキャリーオーバーが発生しています。

しかし、ロト7はロトのなかでも1等当せん確率が1029万5472分の1と最も低く難しい宝くじです。

この当せん確率を上げるべく、様々な角度からデータ分析を行い予想しているのが、本誌でお馴染みの数字マニア・松田氏の「MATSUDA 超ロト7コラム」

今回は、ケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」で連載中の「MATSUDA 超ロト7コラム」をご紹介。

スポンサーリンク

「MATSUDA 超ロト7コラム」とは?

「MATSUDA 超ロト7コラム」とは、月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』でもお馴染みデータ分析のスペシャリスト・数字マニアの松田氏のロト7予想コラム。

松田氏が最近のロト7のインターバルや出現実績、月別データやキャリーオーバーの傾向から、ズバリ押さえておきたい軸数字と、オススメ買い目を3口予想した内容です。

MATSUDA 超ロト7コラム」コラムは「超速ロト・ナンバーズ」で、毎週水曜日更新中。

「MATSUDA 超ロト7コラム」

第291回ロト7予想

先週の予想は軸数字「37」を含む4数字的中となかなか良かったわけなんですが、あのヒトは…そうです、「28」はまたも音なしでなんとINT40に到達してしまいました…。予告どおり今後はもはや軸推しは止めておくこととします…「でも買い目には入ってるじゃない?」…特にコメントはいたしませんが、久しぶりに出たときは盛大にお祝いしたいと思います(笑)
で、予想が好調だったひとつの、いや2つの要因としては、ロト7INT2(順目)と串刺しINT3(逆目)の数字がようけ出てくれたということがあります。前者は「32」「37」、後者は「03」「13」「22」がそれですが、そのうち予想的中だったのは軸数字「37」と「13」「22」だったわけです。そして今週おもしろいのは、3数字も出たのに串刺しINT3は相変わらず「逆目の地位にとどまっている」ということなのです!
いやー逆目当たりますよね。でも今週は逆目系の数字がもうひとつ魅力に乏しいような…そんな中でこれ行ってみますか。ロト7のINT1つまり引っ張り数字から「13」。ロト7INT1が逆目だというのに全ロト串刺しINT4が最もホットなポイントになっているのはどーして? という感じですが、「32」以上のエクストラエリアでこのINT4が最近出まくっているのです。この2つを満たす数字は「13」「31」だけですが、「13」のほうがネクスト出現力がちょっとだけ上、ということでこの結論になりました。
あとの2数字はストロングスタイルで押します。まずは「33」。串刺しINT8にロト7INT7というどちらも好ポジションで、特にINT7のほうは最近ぐんぐん調子を上げています。ネクスト力もこの数字にしては悪くないですよ! もうひと数字は「36」。ロト7INT9、串刺しINT22とややご無沙汰ぎみの数字ですが、INT9というのはなかなか悪くないポイントです。先週も「22」が出ました。そしてネクスト力は今回おそらく最強の部類ですね。『03』『22』『31』の次回にそれぞれ上位ランクされています。

第291回ロト7 オススメ軸数字

「13」「33」「36」

※オススメの買い目3口はケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」有料会員様のみご覧いただけます

スポンサーリンク

ケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」のアクセス方法

月額300円(税別)で使い放題!

ロト7、ロト6、ミニロト、ビンゴ5、ナンバーズ3&4が楽しくなる情報満載!
会員登録をすると、各くじのオリジナル攻略法やあらゆるデータを元にした予想数字など、当たる数字が携帯でいつでも確認できます。各くじの抽せん結果がメールで届いたり、くじに絡んだゲーム、風水やカバラ占いなど楽しく役立つメニューがいっぱい!
高額当せんへの近道はケータイサイトにあり!!

詳しくはケータイサイト超速ロト・ナンバーズ」にアクセス!


松田忠(まつだ ただし)

月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』が発売されて以来、本誌で執筆を続けるデータ分析のスペシャリスト。
本誌では、主に「的中研究」、ロト7、ロト6、ミニロトの「2ヵ月サイクル理論」や「今月の数字!」などを担当し、データ分析に直近の流れを加味した予想は読者に大人気。

関連記事