【第1033回ミニロト予想】YouTuber・ヤブヤブYABUの「夢を希望に変えて奇跡を起こして1等狙って!」

2019/07/05YouTuber・ヤブヤブYABUの「夢を希望に変えて奇跡を起こして1等狙って!」

YABUTOP

7月になりました。もう2019年も半分過ぎたと思うと、時の流れは早いですね。

前回・第1032回解説

前回はコラム、チャンネルともに当たりなし。

やぶさん予想第1032回ミニロト券

最近、コラムでは報告していなかった他のロトですが、ロト6・ロト7で連続当せんしております。

やぶさん第1391回、第1392回ロト6当たり券

やぶさん第1393回ロト6当たり券

なお、ミニロトの解説や他のロトの予想は僕のチャンネルをご覧ください。登録もよろしくお願いします!

第1033回ミニロト予想(2019年7月9日抽せん)

それでは第1033回を予想していきましょう。

僕の予想ポイントは

●前回と前々回の数字を参考にする
●前回または前々回の数字を入れる
●前回または前々回の数字をスライドさせる
●下ヒトケタ共通数字を入れる
●連続数字を入れる
●選んだ数字を逆さにする

です。わからない人は第1回コラムを見てください。

早速、前回と前々回の当せん数字を見てみましょう。

前々回(第1031回)
「05、08、17、21、23(15)」

前回(第1032回)
「01、09、14、21、26(29)」

ここから、ポイント

●前回と前々回の数字を参考にする
●前回または前々回の数字を入れる
●前回または前々回の数字をスライドさせる
●下ヒトケタ共通数字を入れる
●連続数字を入れる
●選んだ数字を逆さにする

以上を考慮した結果、以下5口を予想数字とします。

1口目:01、09、10、23、29
2口目:02、07、13、24、28
3口目:04、09、19、20、24
4口目:05、07、22、24、25
5口目:09、17、18、24、27

僕の予想方法にみなさん慣れてきたみたいなので、2019年抽せんから解説は省略します。あとは当たるだけ!

雑談コーナー

今回は、7月2日に放送されたNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』から「世界一の掃除、さらなる高みへ 清掃員・新津春子」について。

この方は4年前にも登場され、今回再登場。

さて、今回主役の新津春子(49歳)さん。なんと、小学校の道徳の教科書にも載るほどのプロフェッショナル。新津さんは羽田空港の清掃員として、1日20万人が利用する羽田空港を徹底的に掃除し、4年連続「清潔な空港」世界1位に導いた立役者。

世界中から破格の金額でオファーが殺到しているにもかかわらず、「いまの会社にまだ十分に恩返しができていない」と、オファーを断り掃除の技術を磨いている、謙虚で真面目な人柄の方なのです。番組を見た方ならわかると思うのですが、笑顔が素敵な人を幸せにするような方だと思いました。

新津さんについてまず驚いたのが掃除の技術。ほかの掃除のプロがあきらめてしまうような汚れでも、豊富な知識で徹底的に掃除します。
さらにすごいのはその先。ただ、汚れを落とすだけでなく、素材の耐久性を考慮し素材を痛めることなく掃除するんです。また、素材を痛めないためご自身で掃除の道具を作ることも。

新津さんは技術もすごいのですが、掃除に対する心もすごいんです。「気づかいや心くばり」を大事にし、ほかの人なら見落としてしまうようなホコリも新津さんは見逃しません。
番組内で一見キレイに見える床を新津さんは光の反射具合だけで見つけて掃除しました。「なぜそこまで?」と思いますが、新津さんは「微細なほこりでもアレルギーのある子供には辛いだろうから」と言っていたんです。

新津さんがここまで掃除にこだわるのは、過去に理由がありました。

新津さんは、父親が満州の残留孤児、母親は中国人の日本人残留孤児2世。中国で生まれ、幼いころは「日本へ帰れ!」と差別され、石を投げられる日々でした。17歳のとき、日本へ移りました。しかし日本では「中国へ帰れ!」と、差別にあいました。新津さんは「自分は悪くないのに何でいじめられるの」「自分って何」と思い悩む日々でした。さらにご両親は職に就けず、一家は苦しい状況でした。高校生の新津さんができる仕事は清掃員のアルバイトだけでした。
しかしアルバイト先でも、新津さんは冷たい視線を投げられました。清掃員は低い地位と見られ、掃除中に「どうぞ」と声をかけて、まるで居ないものとして扱われました。

「どこにも居場所はない」と新津さんは感じていたそうです。

転機となったのは、羽田空港の清掃員として働き始め、鈴木優さんという上司との出会いでした。
鈴木さんは汚れや洗剤のエキスパート、掃除のプロでした。鈴木さんの熱心な指導のかいあって、新津さんは掃除の面白さに目覚めていきました。新津さんは一生懸命掃除の技術を磨きました。ですが、鈴木さんは全然ほめてくれませんでした。新津さんが「何がいけないのか」と聞いたところ、鈴木さんは「もっと心をこめなさい」と言いました。

それがわかることが起こります。
新津さんは全国の掃除のプロが出場する「全国ビルクリーニング技能競技会」に出場しました。必死に技術を学んだ新津さんは1位になる自信がありました。

しかし結果は2位。

「自分に何が足りなかったのか」と、新津さんは考えました。
そのとき鈴木さんは「心に余裕がなければ、いい掃除はできません」と。

自分がキレイにしたからキレイだと判断するのでなく、お客様がキレイだと判断する。技術だけでなく、お客様を思いやる。そうすれば、見えない箇所の汚れだって、匂いにまで配慮できる。

それを知り、新津さんは再び技能競技会へ出場しました。そして全国1位に輝いたのです。
鈴木さんは「1位になるのはわかっていました」と、新津さんに伝えたのです。

これまで誰にも認められることがなかった新津さん。
「やっと認められた、自分の居場所ができた」と感じたのです。

僕は番組を見て、苦労されたのに腐ることなく1つのこと一生懸命取り組む新津さんに感動しましたね。ただただ“お客様のことを思って”掃除する。技術はもちろん、心の在り方が美しい方だと思いました。

最後に新津さんは「プロフェッショナルとは?」と聞かれ、こう答えているんです。

「プロとしてまだまだスタートライン。つねに新鮮な気持ちでやっていくのが私のやり方」

前回の西良先生もそうですけど、一流と呼ばれる人は常に“より良くしよう”と考えているんですね。

僕も結構「予想当たらんやんけ」「嘘つき」とか言われて、「無料でやってるのにどうしてこんな心無い言葉を投げられるんだろう」と挫けそうになります。
ですが、予想を買って「当たったらどうしよう!」のドキドキワクワクを夢を見ることができる楽しさを伝えたいと思っています。その先にもちろん高額当せんもです!

地道に続けていることがわかってもらえる日がくるといいなぁと思っております。

それでは最後に「夢を希望に変えて奇跡を起こして1等狙って!」

※コラムの内容は著者個人の見解です

第1033回ミニロト予想数字

1口目:01、09、10、23、29
2口目:02、07、13、24、28
3口目:04、09、19、20、24
4口目:05、07、22、24、25
5口目:09、17、18、24、27


ヤブヤブYABU

YABUアイコン

ロト歴20年の予想家。自身のYouTubeチャンネルは登録者数1万人を超える。またチャンネル内で予想した第1169回ロト6で見事3等的中を果たす。ロト・ナンバーズ編集部の要望により「ミニロト」予想コラムをスタート。コラムで目指すはもちろん1等。

【YouTubeチャンネル】

ヤブヤブYABU

https://www.youtube.com/channel/UC4d-d96jY7aof-a3paXG5jQ/featured

関連記事