【ミニロト】ヤブヤブYABU 第1079回(2020年6月2日抽せん)当せんを狙う予想

2020/05/29YouTuber・ヤブヤブYABUの「夢を希望に変えて奇跡を起こして1等狙って!」

YABUTOP

5月25日、全国で緊急事態宣言が解除されました。しかし、予断は禁物です。日頃から3密に気を付けて第2波が来ないよう努めたいですね。

前回・第1078回解説

さて、前回ですが予想&動画ともにあたりなし。2週連続的中とはなりませんでした。

僕のYouTubeチャンネルはロトの予想と解説をしているので、ご自宅にいるときの隙間時間にいっしょ予想を楽しみましょう。登録もよろしゅう!

第1079回ミニロト予想(2020年6月2日抽せん)

それでは第1079回を予想していきましょう。

僕の予想ポイントは

●前回と前々回の数字を参考にする
●前回または前々回の数字を入れる
●前回または前々回の数字をスライドさせる
●下ヒトケタ共通数字を入れる
●連続数字を入れる
●選んだ数字を逆さにする

です。わからない人は第1回コラムを見てください。

早速、前回と前々回の当せん数字を見てみましょう。

前々回(第1077回)
「03、17、19、25、31(04)」

前回(第1078回)
「03、10、16、17、25(24)」

ここから、ポイント

●前回と前々回の数字を参考にする
●前回または前々回の数字を入れる
●前回または前々回の数字をスライドさせる
●下ヒトケタ共通数字を入れる
●連続数字を入れる
●選んだ数字を逆さにする

以上を考慮した結果、以下5口を予想数字とします。

1口目:03、04、19、21、27
2口目:03、14、17、18、31
3口目:06、08、16、17、30
4口目:07、13、15、17、29
5口目:14、17、20、21、31

僕の予想方法にみなさん慣れてきたみたいなので、解説は省略します。あとは当たるだけ!

雑談コーナー

今回、僕が紹介したいのは、2020年5月25日(月) 22:00に放送されたNHK逆転人生から「親子2代の夢を実現 世界が認めたウイスキー」 。

主人公は埼玉県秩父でウイスキーの製造を手がける肥土伊知郎さん。肥土さんは3年連続で世界最高賞を受賞するウイスキー作りの天才。ご実家も日本酒の酒蔵で、酒造りのサラブレットです。

しかし、肥土さんがジャパニーズウイスキーとして世界から認めらるまでには苦悩の連続でした。

 

肥土さんがウイスキー作りに取り組んだのはウイスキーの国内消費量が右肩下がりの大逆風時代。

肥土さんは父親が作るウイスキーがこれまでの日本産ウイスキーと異なり“本場仕込み”の味だったため、ウイスキー好きのコアのファンに気に入ってもらえると思い、ウイスキー作りに取り組もうと考えたのです。

なぜなら、この時代、日本ではウイスキーは飲みやすくするため、ブレンドして作っていたのですが、肥土さんの父親は老舗の酒蔵であり、酒作り職人のプライドからウイスキーをブレンドせず、クセの強さをそのままに、まさにほかのウイスキーとは一味違う個性的なウイスキーを作ったのです。

「これはうまい」と思った肥土さんはモルトバーのバーテンダーにも味見をしてもらいました。ウイスキーをよく知るバーテンも「美味しい」とお墨付きでした。

そして肥土さんは父親の作った美味しいウイスキーで勝負しようと決めました。

しかし、時代はウイスキーではなく焼酎・日本酒ブーム。会社もそのブームに乗ろうとこだわりを捨て、大量生産の紙パック日本酒を売ろうと試みました。肥土さんは大反対でした。なぜなら、大手量販店の市場や価格には、肥土さんの父親の会社では太刀打ちできないのは明白でした。

美味しいウイスキーを作った父親が自らこだわりを捨てたお酒を売る。肥土さんは耐えられなかったそうです。

不況は続き、2000年9月、会社の負債が39億に膨らみ、ついに民事再生手続きを申請することになったのです。さらに心労がたたった父親は倒れ、社長業務は肥土さんが引き継ぐことに。

社長となったものの、会社は別の会社に営業権は譲渡。肥土さんが希望を見出していたウイスキー事業は廃止、ウイスキー原酒400樽を廃棄の決定が上層部から言われたのです。

肥土さんは納得できず、退社。原酒を引き取り、新しく会社を立ち上げることにしたのです。

 

そこまで肥土さんを突き動かしたのは「父親が作ったウイスキーの美味しさ」。

そして、新しい会社で父親のウイスキーでジャパニーズウイスキーの賞を取り、新聞に掲載されたのです。

 

これまでの過程から、肥土さんは「自分自身でもウイスキーを作ってみたい」と思うようになりました。

 

肥土さんは「自分のウイスキーを作る」という夢実現のため、本場スコットランドでウイスキーを研究。帰国後、蒸留所を建設。そしてついに念願の肥土さんのウイスキーが完成したのです。その初生産ウイスキーは約8000本が完売したそうです。

さらに、肥土さんは自分の作った原酒と父親の原酒を混ぜたウイスキーを制作。なんとそのウイスキーは世界最高賞を受賞したんです!まさに肥土さんが自分を信じて勝ち得たものではないでしょうか。

 

番組で肥土さんは「自分を信じてやってきた」と言っていました。

さらに肥土さんのすごいところは、自分を信じるに足る努力を行っているところ。味への追求はもちろん、宣伝もお酒のイベントに足を運んで、地道な努力を重ねていました。

 

「自分を信じる」「努力する」。宝くじでも通じるところがあるのではないでしょうか。

それでは「夢を希望に変えて奇跡を起こして1等狙って!」

 

※コラムの内容は著者個人の見解です

第1079回ミニロト予想数字

1口目:03、04、19、21、27
2口目:03、14、17、18、31
3口目:06、08、16、17、30
4口目:07、13、15、17、29
5口目:14、17、20、21、31


ヤブヤブYABU

YABUアイコン

ロト歴20年の予想家。自身のYouTubeチャンネルは登録者数1万人を超える。またチャンネル内で予想した第1169回ロト6で見事3等的中を果たす。ロト・ナンバーズ編集部の要望により「ミニロト」予想コラムをスタート。コラムで目指すはもちろん1等。

【YouTubeチャンネル】
ヤブヤブYABU
https://www.youtube.com/channel/UC4d-d96jY7aof-a3paXG5jQ/featured

関連記事