【第998回ミニロト予想】YouTuber・ヤブヤブYABUの「夢を希望に変えて奇跡を起こして1等狙って!」

2018/10/26YouTuber・ヤブヤブYABUの「夢を希望に変えて奇跡を起こして1等狙って!」

YABUTOP

ロトナンWEBをご覧のみなさま、ヤブヤブYABUです。22回目のコラムとなります。

スポンサーリンク

前回・第997回解説

前回の第997回の予想は、チャンネル予想のQPで4等1口当たりました。

コラム予想もけっこう惜しかったんですよね。

やぶさんチャンネル予想第997回ミニロト

やぶさんコラム予想第997回ミニロト

なお、解説動画はこちら。

第998回ミニロト予想(2018年10月31日抽せん)

それでは、第998回を予想してきましょう。

おさらいですが、僕の予想ポイントは

●前回と前々回の数字を参考にする
●前回または前々回の数字を入れる
●前回または前々回の数字をスライドさせる
●下ヒトケタ共通数字を入れる
●連続数字を入れる
●選んだ数字を逆さにする

です。わからない人は第1回コラムを見てください。

早速、前回と前々回の当せん数字を見てみましょう。

前々回(第996回)
「09、19、20、22、26(07)」

前回(第997回)
「01、03、08、11、14(16)」

ここから、ポイント

●前回と前々回の数字を参考にする
●前回または前々回の数字を入れる
●前回または前々回の数字をスライドさせる
●下ヒトケタ共通数字を入れる
●連続数字を入れる
●選んだ数字を逆さにする

以上を考慮した結果、以下5口を予想数字とします。

1口目:「01、02、20、21、30」
2口目:「01、05、07、15、27」
3口目:「02、11、13、17、31」
4口目:「03、23、26、29、30」
5口目:「07、08、18、27、29」

スポンサーリンク

予想解説

全予想に言えることなのですが、基本は前回または前々回の数字をスライドさせたり・引っ張ったりしています。

それでは、それぞれのポイントだけ書いていきます。

1口目:基本から。「02」と「20」は逆さ数字、「20」と「30」は下ヒトケタ【0】合わせです。

2口目:「05」と「15」、「07」「27」はそれぞれ下ヒトケタ【5】、【7】合わせです。

3口目:「17」は前回のボーナス数字「16」のスライド数字。「31」は「11」と下ヒトケタ【1】合わせ。

4口目:「26」と「29」は変形型の逆さ数字。「29」-「30」の連続数字も入れています。

5口目:「08」と「18」は下ヒトケタ【8】合わせ。「29」は前々回の本数字「19」に+10したものです。

以上、今回の予想5口です。

 

それでは、恒例の最近見たテレビ番組について。

今回はNHK探検バクモン「町工場 世界の小さな巨人」(2018年10月17日放送)から。

取材先は三鷹市にある精密機器メーカー「三鷹光器」さん。従業員100人ほどながら、なんとNASAが5分で採用を決めた特殊カメラを開発、ほかにも宇宙、医療分野で全世界から「小さな巨人」として注目されているメーカーさんなんです。

この下町ロケットさながらの会社社長が中村勝重さん(74歳)。中村社長は、スペースシャトル「コロンビア」に搭載された特殊カメラを開発した人物。

僕ね、番組見ながら、「なぜNASAは大手企業のカメラではなく、中村社長のカメラを採用したのか?」ってごっつハテナマークでした。しかし中村社長のアイデアが光る納得の内容が語られました。

「コロンビア」に搭載されるカメラの目的は、人工的に発生させたオーロラを撮影すること。ただ過酷な宇宙環境に対応できないという問題点がありました。というのも、宇宙では光が当たると、真空のため、とんでもない温度が発生してしまいます。そんななか、オーロラ撮影では正確にカメラを動かすことが要でした。その動かすという点で重要になるのが「受け軸」。この「受け軸」は温度が上昇すると膨張し、下がると縮む性質を持っていたんです。そこで思い出してください。宇宙空間は温度の影響を受けやすい。この問題を解決しないと、正確にカメラを動かすことは不可能です。

各大手企業はこの問題に対し、外部装置(ヒーターなど)で外の温度が上がると中を暖めて膨らまし、外が冷えると暖めるなど、結構めんどくさいことを実施しました(ちょっとニュアンス違ってたらすんません。番組では茶筒を使ってわかりやすく説明してたので見てみてください)。

これに対し、中村社長のアイデアはシンプルなものでした。温度の影響を受けるのは仕方ないとして、「受け軸」の形を円錐型にしたんです。円錐型にすることで、温度の影響を受けてもカメラを動かすことが可能となりました。

大手企業が1年半かけてプレゼンしていたものを、このアイデアで中村社長は5分でNASAと契約したんです。中村社長の言葉を借りると「大手企業は知識が邪魔をしてシンプルに考えることができなかった」と説明していました。

 

このエピソードだけでもすごいのですが、中村社長、宇宙開発で学んだ知識を医療分野でも活かし、アメリカでNo.1のシェアを誇るものを開発したんです(本当に下町ロケットですね)。

それが医療用顕微鏡。

従来の医療用顕微鏡はサイズが大きく、手術時の移動の邪魔となっていたそうです。手術現場に立ち会った中村社長は「現場の悲鳴が聞こえる」と、邪魔にならないようオーバーヘッドスタンドにしたんです(クレーン車みたいな形。これも番組見てください、ごっつわかりやすいです)。いまでは前出の通り、脳神経外科用手術顕微鏡でアメリカNo.1のシェアとなりました。

ここでも中村社長「設計図は現場にあり。現場を見ないといけない」と説明。

 

まだまだ書きたいエピソードは山ほどあるんですが、そろそろまとめに。

僕なりに考えると、中村社長の“ものづくり”精神って観察・探究心・情熱だと思いました。

 

普段見慣れているものでも実際は見ていない、もっときちんと観察すること、「なぜ? どうして?」の探究心を持つこと、そして難しい問題にぶつかっても情熱をもって挑戦していくこと。

「小さな巨人」として世界と渡り合っていく中村社長、天晴れ!

 

中村社長の精神を見習って僕も頑張っていきますよ~! みなさまも機会があったら見てみてください。

 

それでは、「夢を希望に変えて奇跡を起こして1等狙って!」

※コラムの内容は著者個人の見解です

第998回ミニロト予想数字

1口目:「01、02、20、21、30」
2口目:「01、05、07、15、27」
3口目:「02、11、13、17、31」
4口目:「03、23、26、29、30」
5口目:「07、08、18、27、29」


ヤブヤブYABU

YABUアイコン

ロト歴20年の予想家。自身のYouTubeチャンネルは登録者数1万人を超える。またチャンネル内で予想した第1169回ロト6で見事3等的中を果たす。ロト・ナンバーズ編集部の要望により「ミニロト」予想コラムをスタート。コラムで目指すはもちろん1等。

【YouTubeチャンネル】

ヤブヤブYABU

https://www.youtube.com/channel/UC4d-d96jY7aof-a3paXG5jQ/featured

関連記事