【ナンバーズ3】ボックス狙いで当たりに近づこう!松田ナンバーズコラム 11月2日(月)~6日(金)予想

2020/11/01よく出るボックスがわかれば、的中率アップ!?

数字マニア・松田氏によるナンバーズ予想

月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』のデータマンとしてお馴染み、数字マニア・松田氏によるナンバーズ予想コラム「MATSUDAナンバーズコラム」。11月2日(月)~6日(金)ナンバーズ3のボックス予想数字を2口ご紹介。お好きにご活用ください。

※「MATSUDAナンバーズコラム」の詳細はコチラから

「MATSUDAナンバーズコラム」11月2日(月)~6日(金)予想

今年も残すところふた月。トンネルの出口がなかなか見えてこない今日この頃ではありますが、経済を回すという意味でも、引き続き宝くじに願いを込めてまいりましょう。今週はこの11月に期待できるインターバルを発表いたします。シングルペア全般から。
◎…INT5、31~40
○…INT16~20、26~30、41以上
小さい○…INT1、8、9、12
●…INT2、21~25
11月のペアINT分布(最近5年)についてはINT1、5、8、12そして16~20といったところがなかなかの好成績を上げているのですが、いかんせん最近半年の傾向は相変わらず長INT寄りで…その中、短INT方面で随一の実績を残しているINT5はまず買いです。そして11月に圧倒的な強さを見せているのがINT31~40! このゾーンは最近の出ぐあいがイマイチ、というチグハグさが先月まで見られたのですが、ごく最近になってだいぶ盛り返してきました。自信をもっておススメします。今週は「15」「34」「67」の3ペアがまるまるこのゾーンに入っています。
次はダブル出現インターバルです。
◎…INT41以上
○…INT2、5、8、11、16~20、26~30
●…INT21~25
相変わらずINT16~20とINT41以上が最近(1年)の2大ホットゾーンとなっておりまして、また11月の通算実績も10月に続いて長INT寄りです。特にINT41以上の出現比率はこの月も本当に高いんですね。「07」「09」「17」「25」「38」「57」「78」といったペアは、ダブルペアと組み合わせるのが吉ということです!
そのダブルペアはどうなんでしょう?
○…INT6、7、9、10、16~20
●…INT31~40、41以上
ここでは最近1年と11月通算の傾向がまるでチグハグなのです。11月の実績がなかなか高いINT26~30とINT41以上は最近1年の成績がすこぶる悪く、INT31~40についてはその正反対。そして短INT方面では正直「コレだ!」というポイントが乏しいのです。いちおう11月に突出した実績を持つINT6、ここ1年好調のINT16~20の2つはマークしておきましょう。

第5556回ナンバーズ3(2020年11月2日 月 抽せん)ボックス予想

「117」「347」

※残りの予想4口はケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」有料会員様のみご覧いただけます。

第5557回ナンバーズ3(2020年11月3日 火 抽せん)ボックス予想

「029」「125」

※残りの予想4口はケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」有料会員様のみご覧いただけます。

第5558回ナンバーズ3(2020年11月4日 水 抽せん)ボックス予想

「034」「117」

※残りの予想4口はケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」有料会員様のみご覧いただけます。

第5559回ナンバーズ3(2020年11月5日 木 抽せん)ボックス予想

「117」「134」

※残りの予想4口はケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」有料会員様のみご覧いただけます。

第5560回ナンバーズ3(2020年11月6日 金 抽せん)ボックス予想

「009」「245」

※残りの予想4口はケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」有料会員様のみご覧いただけます。

「超速ロト・ナンバーズ」

月額300円(税別)で使い放題!

超速ロトロゴ画像

ロト7、ロト6、ミニロト、ビンゴ5、ナンバーズ3&4が楽しくなる情報満載!
会員登録をすると、各くじのオリジナル攻略法やあらゆるデータを元にした予想数字が携帯でいつでも確認できます。各くじの抽せん結果がメールで届いたり、くじに絡んだゲーム、風水やカバラ占いなど楽しく役立つメニューがいっぱい!
高額当せんへの近道はケータイサイトにあり!!

詳しくはケータイサイト超速ロト・ナンバーズ」にアクセス!


松田忠(まつだ ただし)

月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』が発売されて以来、本誌で執筆を続けるデータ分析のスペシャリスト。
本誌では、主に「的中研究」、ロト7、ロト6、ミニロトの「2ヵ月サイクル理論」や「今月の数字!」などを担当し、データ分析に直近の流れを加味した予想は読者に大人気。

関連記事