【第26回】知っておきたいビザの更新 間に合うのか!?

2019/01/28プロレスラー・菊タローの海外宝くじ一本勝負

はい、みなさま! 新年あけましておめでとう……ございました!

 

20191発目とはいえ、もうすぐ2月ですからね!

ただいまアタクシ、日本に帰国中でございます。

 

1年に一回のビザの更新。今回はこの手続きをご紹介。

私は一般の皆様とは少し違うビザでして、種類はP-1というもの。

 

芸能人やアスリートチームに出されるビザです。

個人だとOという種類でこちらの方が取るのが難しいそうですが、私は80人程ビザを取る中の一人でございますので、P-1です。

 

ちなみに世界最大のプロレス団体、WWEで活躍する選手も基本的にはこのビザです(一部Oビザの選手もいるみたいですが)このP-1ビザ、一気にまとめて申請できるみたいで、1年に1度「みんな!更新するよ〜!」と、ビザを取ってくれたアメリカの団体の弁護士さんより連絡が来ます。

 

このプロセス、最初はとても早かったです。

 

申請を出して2週間後には、「受理された書類の申請が通ったからこの書類使って申請してね」と、PDFファイルがメールに添付されてきます。

書類がくれば、後は私の仕事。

 

白い壁をバックに、顔写真を撮ります。

 

そしてアメリカ政府のサイトにアクセスし、DS160という書類を電子提出するのですが、最初の難関が顔写真!

 

頭のてっぺんが上から何ミリまで、鼻と顎もこの範囲に収めろっていう次第。

 

この写真のアップロードで「規格に満たない」と、ハネられる人多数!

 

私も最初は3000円くらい出して、「アメリカのビザ用の写真撮れます」って売りの写真屋さんに頼みました。 

今ではスマホで撮って、アメリカのID用のアプリを使って簡単にできるようになりました。

 

顔写真をクリアすれば、次はDS160の申請。

これが一番大変!

 

個人情報から始まり、両親の情報まで。

お決まりの「あなたはテロ組織に所属していますか?」とか、「逮捕歴はありますか?」「米国への入国を拒否された事はありますか?」等、とにかく細かい!

 

しかも英語。

 

一応日本語対応なんで、英文の上にマウスの矢印を持って行くと日本語が出てきます。

 

しか〜し!

 

画面をスクロールさせていくと、翻訳された日本語が表示されるのが画面外というズンドコ仕様。

 

Googleで翻訳したりしながら進めていきました。

 

さらにはたまにエラーでやり直しにならぬよう、ちょくちょくステータスをセーブしながらやらないと、エラーが起きてしまい、申請書の番号が分からないと顔写真からやり直しという無情な結果に。

 

初めて申請した時は、やり直しも含めて6時間くらいかかりました!

 

今では2時間以内に申請を終えられるようになりました。

 

申請書を提出し、申請料の200ドルをネットで払えば面接を予約してアメリカ大使館へ。

当日面接をして、パスポートを預ければ、1週間程度でビザが貼り付けられたパスポートが届きます!

 

ですが……

 

去年の更新から、アメリカでの申請が通るのに時間がかかるように……

 

そう、大統領変わってからだって……

 

去年は1月末に帰ったのですが、帰国ギリギリに申請が通りました。

なんで、「来年は早めに始めよう!」と、去年の8月から申請をしていました。

 

さらに、現在アメリカ政府閉鎖という、アメリカ合衆国の予算の期限がきてしまい、今年度の予算がまだ出ていないので、アメリカ政府で働く職員の給料が出せなくなっています。

 

トランプさんがサインしないと予算が通らないのです。

 

「ビザ間に合うかしら……間に合わないと渡米の日程をズラさないとだから、21日の試合をキャンセルしないと……」不安がよぎっておりました。

 

しかし! なんとか帰国2日前の17日に申請が通ったと、帰国前日の夜にきました!

 

とはいえ、ギリギリすぎて面接の予約ができない!

 

帰国してそのまま空港から試合に行き、名古屋と大阪を回り、病院に耳に検査に行き、東京に戻るのが1月18日。

それからだと130日の帰国に間に合わないかも……

 

と、いうわけで、私の場合は更新なので、面接の要らない郵送更新に。

前回と何も変わりなく、パスポートも同じでしたら郵送で大丈夫なのです。

 

111日朝、ネットカフェに赴き、電子申請開始。お昼過ぎに申請を終え、後はパスポートと書類を送るだけ……

 

アメリカ大使館「こっちから封書送るから、届いたらパスポートと書類入れて送り返せや」

 

無駄!! 「ここに送って」だったら数日短くなるのに!

 

おそらく大使館のセキュリティでしょうねえ。受け取り先になってる友人の所にパスポートと書類を預け、試合に行きました。

 

数日後、封書が届き、発送して頂きました。 

期間は約10営業日かかりますとのこと。

 

計算したら、再渡米の日……

 

これは……間に合うのか?

 

非常にストレスフルな毎日を送りましたが、1週間程で無事更新できました。

 

よかった〜!

 

これで30日からまたラスベガスへ戻れます。

 

毎回ハラハラするビザの更新。

留学等でアメリカに行かれる方の参考になれば幸いです。

 

今、特にビザの発給に時間がかかってますので、時間をかなり多めに取ってくださいね!

 

先日、新日本プロレスさんがアメリカ大会を開催しましたが、ビザが間に合わず、日本人選手が出られないということもありました。

 

早く政府閉鎖が終わりますように……

今月のパワーボール状況

さて、今月のパワーボールですが、溜まってきたぞ〜!

現在174ミリオン! 税金引かれて105ミリオンです。

 

100億円長者!

 まだまだ貯まる気がします。

 

皆さんもアメリカへ旅行に行かれた際は、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 2月は地方へも行くので、地方のスクラッチくじや、地方でパワーボールを買ってみたいと思います。

 

ではまた来月!

 

※次回は2月28日(木)更新予定です


菊タロー(キクタロー)

1976年11月17日生まれ。大阪府出身。1994年にプロレスラーとしてデビュー。1999年大阪プロレスにて、「えべっさん」として活躍。お笑いプロレスを確立し、大人気のなか、2005年に独立。菊タローへ。多才で、ゲームのコラム執筆やパチンコ動画、アニメの声優もこなす。2016年11月の東京愚連隊興行を最後に無期限のアメリカ遠征を行うと発表。現在は、ラスベガスへ移住し、日本のみならず、海外でも活躍している。

Facebook

Twitter

関連記事