数字マニア・松田氏のロト6キャリーオーバー予想コラム「MATSUDA ロト6キャリー一刀両断」の紹介

2019/11/04ロト6のキャリーオーバーとは

第1429回ロト6(2019年11月4日抽せん)予想を更新しました

キャリーオーバーとは、数字選択式宝くじではロト7とロト6にだけ存在する「億万長者を生み出すシステム」なのはご存知のとおり。ロト7のキャリーオーバー発生時の1等最高賞金額は10億円ロト6においては1等最賞金額6億円!

 

この賞金額の高さが「億万長者を生み出すシステム」たる所以なのです。

 

キャリーオーバー発生時は、キャリーオーバー独自の攻略を行おう! 

と言うわけで、ケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」で連載中の「MATSUDA ロト6キャリー一刀両断」コラムをご紹介。

MATSUDA ロト6キャリー一刀両断」とは?

「MATSUDA ロト6キャリー一刀両断」とは、月刊誌「ロト・ナンバーズ『超』的中法」でもお馴染みデータ分析のスペシャリスト・数字マニアの松田氏のロト6予想コラム。

コラム名の通り、キャリーオーバー発生時の期間限定のスペシャルメニュー。松田氏が最近のキャリーオーバーの傾向から、ズバリ押さえておきたい軸数字と、オススメ買い目を3口予想した内容です。

 

「MATSUDA ロト6キャリー一刀両断」コラムは「超速ロト・ナンバーズ」にて以下日程で更新中。

・木曜キャリーオーバーが発生→土曜夕方ごろ更新

・月曜キャリーオーバーが発生→水曜夕方ごろ更新

 

※「キャリーオーバー消化回」とは…キャリーオーバーが発生した次の抽せん回(もしくはキャリーオーバーが残っている回)のこと。

MATSUDA ロト6キャリー一刀両断

第1429回ロト6予想

「出るべくして…」

前回は「34」が軸数字として予想的中! しかし他の的中数字は「18」のみ…このパターンって前々回と全く同じなのではありますが、その軸数字「34」が的中しながらもINT10以上の出現比率は若干トーンダウン、前回にも増して「平ったい」INT分布となってきたのです。つまり最近10回ぶんのインターバル分布は、INT6だけがほとんど出ていないのを除けば「理論値とほぼ同じ」なのです!
そんな中、比較的強いと評価できるのがINT5(最近10回の間に6数字が出現)ですが、このINT5に今回唯一該当するのが「06」なんです。「え~また6?」との声も聞こえてきそうな最強数字、ネクスト出現力でも『19』『36』の翌回(最近8年半)トップなど抜群のデータを備えているわけなんですが、それだけではありませんよ! 本コラム予想ツールの隠しダマ(?)CO回インターバルにおいてINT3という激強ポイントにあたっているのです! 今回は正直スペック的に「サビシイ」数字がほとんどの中、このホットスペックをほっとく手はございません! 洒落じゃありませんよ!
他の軸数字も、CO回チャートにおけるホットINTを使って選んでいきます。INT3に次ぐホットポイントのINT7は理論値5.7%のところ10%(最近10CO回)も出ていますが、その該当数字からは「41」を。弱い数字ではありますが『16』『18』『36』の翌回は比較的期待できるタイミングと言えます。もう一つはCO回INT4の「23」。この数字は『16』『18』『34』の翌CO回にトップの実績を揃えており、今回はいわゆる「出るべくして…」のタイミングに見えますね。それでは良い3連休を!

第1429回ロト6 オススメ軸数字

「06」「23」「41」

※オススメの買い目3口はケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」有料会員様のみご覧いただけます

ロト6的中実績

◆2018年10月の的中実績
・第1324回ロト6・5等1,000円1口的中

◆2018年11月の的中実績
・第1332回ロト6・5等1,000円1口的中

◆2019年2月の的中実績
・第1355回ロト6・5等1,000円1口的中

ケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」のアクセス方法

月額300円(税別)で使い放題!

ロト7、ロト6、ミニロト、ビンゴ5、ナンバーズ3&4が楽しくなる情報満載!
会員登録をすると、各くじのオリジナル攻略法やあらゆるデータを元にした予想数字が携帯でいつでも確認できます。各くじの抽せん結果がメールで届いたり、くじに絡んだゲーム、風水やカバラ占いなど楽しく役立つメニューがいっぱい!
高額当せんへの近道はケータイサイトにあり!!

詳しくはケータイサイト超速ロト・ナンバーズ」にアクセス!


松田忠(まつだ ただし)

月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』が発売されて以来、本誌で執筆を続けるデータ分析のスペシャリスト。
本誌では、主に「的中研究」、ロト7、ロト6、ミニロトの「2ヵ月サイクル理論」や「今月の数字!」などを担当し、データ分析に直近の流れを加味した予想は読者に大人気。