【ビンゴ5】新攻略「十字」&「×字」カルテット攻略

2018/04/04攻略法

2017年4月、新しいタイプの数字選択式宝くじとして始まったビンゴ5。2017年提唱した「41」攻略法がまずまずの成果をあげている。そして今回は、さらに新しい攻略法を提唱。その名も「十字」&「×字」攻略。これは4つの数字に着目した攻略法だ。今回、本サイトで特別に「十字」&「×字」攻略をご紹介。

約1年の抽せんが終わって見えてきた傾向とは?

 2017年4月、新しいタイプの数字選択式宝くじとして発売が始まったビンゴ5。
 ビンゴ5は、文字通りビンゴを模した宝くじ。3×3のマス目があり、中央のFREEを除いた8つのマス目には、それぞれ5つの数字がある。そこから1数字選んでいき、計8つの数字を選んで、抽せんされた数字と一致し、なおかつ縦・横・ナナメでラインができれば当せんとなる。ラインがひとつでもそろえば当たりのため、約7分の1の確率で末等(200円)が当たるという、当てやすさも魅力となっている(買い方や抽せん方法の詳細は本サイトビンゴ5TOPページ参照)。
 毎週水曜日の抽せんで、2018年2月末までの段階で、47回の抽せんを行なった。1等賞金の平均は、約888万円。これは理論値の約555万円を大きく上回る実績。さらにゲーム感覚で楽しめることもあり、女性ユーザーも多いのが、特徴のひとつだ。
 8つも数字を選ぶ、と聞いて、難しさを感じる人もいるかもしれないが、8マスそれぞれの数字は固定なので、5個の数字から1個を選ぶ、という作業を8回すればいいわけだ。つまり、ロトのようにどこかに数字が片寄ったりすることがない、ということ。
 その結果、さまざまな攻略法が考えられる。例えば、2017年提唱した「41」攻略法。これは、FREEを介して対角にある2マスの数字の組み合わせの和は、「41」が一番多い、ということに着目したもの。実際に、「41」になる抽せん結果は多く、成果を上げている。

 さらに今回の目玉は、新攻略法である「十字」&「×字」カルテットだ。これは、4つの数字の組み合わせに着目した攻略法。たった47回の抽せんにもかかわらず、複数回出ている4つの数字の組み合わせがあるのだ!
 本記事を読んで、さらに読み進めほしい。

スポンサーリンク

「十字」&「×字」カルテット攻略

 冒頭でも触れたが、ビンゴ5は3×3の計9つのマス目がある。中央はFREEで、残りの8つのマス目から、数字をひとつずつ選んでいく宝くじ。便宜上、選ぶ数字の若いマスから、エリア①(「01」~「05」)、エリア②(「06」~「10」)…エリア⑧(「36」~「40」)とする。
 それを示したのが下のマス目(図1)だが、FREEを介して、エリア②、エリア④、エリア⑤、エリア⑦では、「十字」ができるのがわかるだろう(図2)。これは、「角」が関係していない「辺」の部分だけで構成される「十字」。この4つのエリアでの4数字(=カルテット)の組み合わせに傾向がないかを見ていくわけだ。ちなみに、この「十字」がピタリと当たれば2ライン成立で最低でも6等は確保できる。
 さらに、先述した「角」のエリア①、エリア③、エリア⑥、エリア⑧で構成される「×字」(図3)が、大当たりを加速させるカギになる。この4つのエリアでの出現傾向を分析して、「×字」をも攻略できれば、ビンゴ5・夢の8ライン達成、つまり1等も夢ではないのだ!

 なお、2018年8月24日発売の書籍「ビンゴ5 黄金カルテット攻略」は、この「十字」&「×字」カルテット攻略に着目した内容となっている。この記事を読んで気になった方は、チェックしてほしい。

図1:便宜上写真のように8枠に①~⑧の枠名を付けています

 

ビンゴ5十字 

図2:「十字」

 

ビンゴ5×字

図2:「×字」

スポンサーリンク

書籍情報

ビンゴ5 黄金カルテット攻略表紙

ビンゴ5 黄金カルテット攻略

著者名: 主婦の友インフォス 編
定価:1,512円(税込)
発売月:2018年8月24日
ISBN:978-4-07-432403-3
判型、ページ数:A5判 128ページ
発行:主婦の友インフォス
発売元:主婦の友社

●Amazonで購入

●7netで購入

●楽天ブックスで購入

関連記事