【ナンバーズ3攻略法無料公開】当せん数字によろしく!(仮)[第12回]

2019/12/25編集長石川の面白い数字

「ロト・ナンバーズ『超』的中法」連載の「当せん数字によろしく!(仮)」がウェブサイトで再掲載! 編集長のリアルなロト・ナン生活を紹介する当コラム。読者のみなさまの大当たりのヒントになることを切に願って、不定期連載してます!

曜日に着目した予想で当てたボックスが翌日の5回目となるグランドスラム当せんを呼び込む

読者のみなさん、いつも本誌をご愛読いただきありがとうございます。編集長の石川です。

不定期連載している当コラムですが、今回は2ネタご紹介したいと思います。理由は、2回続けて当せんしたことと、それぞれ同じ流れでの当せんだったことが挙げられます。

今回当せんしたのは、第5115回のナンバーズ3ボックス、そして第5116回のナンバーズ3グランドスラム(ストレート、ボックス、ミニすべてを当てること)になります。

まずは、第5115回を当てた方法から。

下写真は毎度おなじみ、私の付けている表です。

着目したのは、予想する月曜日の前週、前々週の当せん数字。「766」→「077」と「66」ダブルのあとに「77」ダブルが出ています。ここで素直に「88」ダブルをまず考えます。ナンバーズでは「まさかねー」と思うことがときどき起こります。私も19年以上ナンバーズをやっているので、そういった現象を嫌というほど見てきました(笑)。

さらに、別角度からも考えます。「766」を「76」、「077」を「77」というペアで考えると、次は「78」となります。そこで、先ほどの「88」と「78」を組み合わせると「788」という数字にたどり着きます。並び替えは、2回も十の位・一の位でダブルが出たので、今度は百の位・十の位になるのでは? と直感します。ここに根拠はありませんが、並びを「887」にして、ストレート、ボックス、ミニのグランドスラム狙いに。

結果、当せん数字は「878」でボックス当せん。並び替えに失敗しなければ、グランドスラムも見えた予想でした。

とはいえ、当たりは当たり。グランドスラムは、また次回に! とここで思ったことは確かです。

第5115回ナンバーズ3「878」
ボックス2万7500円当せん!!

再び注目したのは曜日の流れ!見えてきた数字に、今度は並び替えにもひと工夫

第5115回は、グランドスラムにあと一歩という惜しい結果でしたが、翌日の第5116回は、「惜しい」を「やった!」に変える当せんを果たしました。

注目したのは、前日的中したこともあり、曜日の流れでした。

前日同様に2週前の当せん数字を見ると、第5106回「322」、そして前週は第5111回「882」

まずダブルが連続して出ています。ナンバーズにおいて「2度あることは3度ある」は当てるためのセオリーのひとつ。ここでダブルに注目します。

次に、そのダブルにはどのような傾向があるのか? にスポットを当てます。

ここで活用したのが、予想でしばしば使う「裏数字」。これはナンバーズの抽せんで使用される風車盤の数字の配列にはある規則性があり、対極にくる数字が必ず決まっているんです(下参照)。

そこで改めてダブルを見てみると、

「22」→「88」

「22」の裏は「77」になるので、「77」→「88」という流れで数字が出現していると判断しました。

ということは、予想する今回は「99」ダブル! という答えにたどり着きます。

残りひとつの数字は、

「322」→「882」のダブル以外の数字を見ると、

「3」→「2」なっていることがわかります。ここは素直に「1」と流れてくるだろうと読み、

「99」ダブル+「1」という予想数字に決定しました。

次に並び替えです。前日は、数字は合っているのに、並び替えで失敗し、グランドスラムを逃しましたので、今日こそは! という気持ちになっていました。

するとヒントは前日にありました。前日の月曜日の当せん数字は

「766」→「077」→「878」

ダブルの位置が同じ箇所で2回続けて出ています。前日は曜日の流れで当てているので、素直にこの流れを参考にしました。つまり、今回の火曜日で言うと、「322」→「882」と来ているので、百の位・十の位にダブルが出る、と読んだわけです。

結果、並びは「991」に。これをストレート、ボックス、ミニで購入し、狙ったとおりに当せん数字「991」が出現し、グランドスラム達成となったわけです(さすがに想像したとおりに出ると、驚きます)。

ナンバーズやロトなどの数字選択式宝くじに「絶対」という言葉はありません。毎回、どの数字も出る確率は同じだからです。だから前回出た数字と同じ数字が出る、なんてことも起こりうるわけです。「2度あることは3度ある」もしかり。大事なのは、参考になるデータを自分の視点でどうとらえ、予想していくのか、ということだと思います。その過程にこそナンバーズやロトの醍醐味があるわけです! さらに結果がわかるときのドキドキ感やワクワクする気持ち。私は、19年以上ナンバーズを買い続けていますが、その気持ちはまったく変わっていません(笑)。

ぜひ予想することを楽しみながら、ナンバーズにチャレンジしてみてほしいと思います。加えて、この当せん例が少しでもみなさんの参考になればうれしい限りです!

第5116回ナンバーズ3「991」
グランドスラム(ストレート+ボックス+ミニ)達成
計10万2300円当せん!

裏数字とは?

ナンバーズ3&4において、「裏数字」とは、抽せんで使われる風車盤(上参照)の、各数字の対極にある数字のことをいう。たとえば、どの位の風車盤を見ても「0」の対極は必ず「5」、「1」の対極は必ず「6」、「2」は「7」、「3」は「8」、「4」は「9」となっている。この組み合わせが、「裏数字」といわれるものなのだ。

 

※『月刊誌ロトナンバーズ「超」的中法2019年5月号』掲載

 

<<当せん数字によろしく!(仮)[第11回]


石川 修

石川編集長プロフィール写真

月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』編集長。自他共に認めるロト・ナンフリーク。ナンバーズ歴19年。これまでのナンバーズ獲得賞金は、ナンバーズ3=268口、495万9600円。ナンバーズ4=124口、692万7500円。合計1188万7100円(2019年3月14日現在)。

関連記事